日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

タスクスクリプト内の操作

寄稿者 NetAppZacharyWambold このページの PDF をダウンロード

作成するプリタスクスクリプトまたはポストタスクスクリプトは、 SnapManager for Oracle プラグインの標準構造に従う必要があります。

プリタスクスクリプトとポストタスクスクリプトには、次の処理が含まれている必要があります。

  • チェックしてください

  • 説明してください

  • 実行

プリタスクスクリプトまたはポストタスクスクリプトでこれらの操作のいずれかが指定されていない場合、スクリプトは無効になります。

プリタスクスクリプトまたはポストタスクスクリプトに対して smo plugin check コマンドを実行すると、返されるスクリプトのステータスが error と表示されます(返されるステータス値がゼロではないため)。

操作

説明

チェックしてください

SnapManager サーバは plugin.sh -check コマンドを実行して、プラグインスクリプトに対する実行権限がシステムにあることを確認します。リモートシステムのファイル権限チェックも含めることができます。

説明してください

SnapManager サーバは、 plugin.sh -describe コマンドを実行して、スクリプトに関する情報を取得し、仕様ファイルによって提供される要素と一致させます。プラグインスクリプトには、次の概要情報が含まれている必要があります。

  • SM_PI_name :スクリプト名。このパラメータには値を指定する必要があります。

  • SM_PI_DESCRIPTION :スクリプトの目的の概要。このパラメータには値を指定する必要があります。

  • SM_PI_context :スクリプトを実行するコンテキスト( root や Oracle など)。このパラメータには値を指定する必要があります。

  • SM_PI_TIMEOUT :スクリプトの処理が完了して実行が終了するまで SnapManager が待機する最大時間(ミリ秒)。このパラメータには値を指定する必要があります。

  • SM_PI_PARAMETER :プラグインスクリプトが処理を実行するために必要なカスタムパラメータを 1 つ以上指定します。各パラメータを新しい出力行に表示し、パラメータ名と概要を指定する必要があります。スクリプトの処理が完了すると、パラメータ値が環境変数によってスクリプトに提供されます。

Followup_activities スクリプトの出力例を次に示します。

plugin.sh - describe

SM_PI_NAME:Followup_activities
SM_PI_DESCRIPTION:this script contains follow-up activities to be executed after the clone create
operation.
SM_PI_CONTEXT:root
SM_PI_TIMEOUT:60000
SM_PI_PARAMETER:SCHEMAOWNER:Name of the database schema owner.
Command complete.

実行

SnapManager サーバは plugin.sh -execute コマンドを実行し、スクリプトを実行するためのスクリプトを開始します。