日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

データ保護を実行する場合の考慮事項

寄稿者 NetAppZacharyWambold このページの PDF をダウンロード

データ保護を実行する際の考慮事項は次のとおりです。

  • セカンダリシステムからのクローニング処理やリストア処理を実行するには、ネームスペース内のデスティネーションボリュームをマウントし、適切にエクスポートする必要があります。

  • この値を off に設定して、 SnapDrive 設定パラメータ check-export-permission-nfs-clone を無効にする必要があります。

    check-export-permission-nfs-clone パラメータについては、ネットアップサポートサイトの SnapDrive for UNIX のドキュメントで追加情報が説明されています。

  • 要求されたセカンダリストレージボリュームの SnapMirror 関係はセカンダリストレージシステムで設定する必要があります。

  • Data ONTAP 7-Mode のセカンダリストレージシステムで、要求されたセカンダリストレージ qtree の SnapVault 関係を設定する必要があります。

  • clustered Data ONTAP でスクリプト後に SnapVault を使用する場合は、ユーザ定義の SnapMirror ラベル用のポリシーとルールを定義する必要があります。

    SnapVault ポストスクリプトでは、 clustered Data ONTAP ボリュームと SnapMirror 関係のタイプとして DP および XDP がサポートされます。SnapMirror および SnapVault の設定については、ネットアップサポートサイトの ONTAP のドキュメントを参照してください。