日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

データベースのバックアップをスケジュール設定する

寄稿者 このページの PDF をダウンロード

SnapManager ( 3.2 以降) for Oracle を使用すると、高いパフォーマンスを維持するために、オフピークの時間帯にデータベースのバックアップを定期的に実行するようにスケジュール設定できます。バックアップのスケジュールを設定するには、データベース情報と保持ポリシーを含むプロファイルを作成し、バックアップのスケジュールを設定します。

注記 バックアップは管理者としてスケジュールする必要があります。バックアップを既存ユーザ以外のユーザとしてスケジュールしようとすると、 SnapManager に「 Invalid user : username : cannot create schedule backup for a given user 」というエラーメッセージが表示されます

スケジュール関連のタスクの一部を次に示します。

  • データベースバックアップのスケジュールを、毎時、毎日、毎週、毎月、または 1 回ごとに設定します。

  • プロファイルに関連付けられているスケジュールされたバックアップのリストを表示します。

  • スケジュールされたバックアップを更新する。

  • スケジュールを一時的に中断します。

  • 中断したスケジュールを再開します。

  • スケジュールを削除します

注記 [ 今すぐメニュー操作を実行する *] チェックボックスは、スケジュールされたバックアップがそのスケジュールに対して実行されている場合は無効になります。