日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

SnapManager for Oracle の導入に関する考慮事項

寄稿者 NetAppZacharyWambold このページの PDF をダウンロード

SnapManager を環境に導入する前に、さまざまな処理に必要な他のアプリケーションやテクノロジについて理解しておく必要があります。

次の表に、各アプリケーションとテクノロジを示します。

アプリケーションとテクノロジ

詳細

データ ONTAP

SnapManager は、 Snapshot コピーなどのネットアップのツールとテクノロジを活用しています。

SnapDrive for Windows の略

SnapManager では SnapDrive 機能を使用します。SnapManager サービスを実行する前に、 SnapDrive をインストールする必要があります。SnapManager は、 SnapDrive とのすべてのインタラクションを処理します。ストレージシステムとプロトコルの選択肢に応じて SnapDrive for Windows が正しく設定されている必要があります。

SnapRestore

SnapManager では、 SnapRestore を使用してデータベースの平均リカバリ時間を短縮できます。各ストレージシステムに SnapRestore ライセンスが必要です。

FlexClone

FlexClone は、 Data ONTAP のライセンス機能です。

FC プロトコルおよび iSCSI プロトコル

適切なプロトコルのライセンスバージョンが必要です。

  • 関連情報 *