日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

データベースリストアとは

寄稿者 このページの PDF をダウンロード

SnapManager を使用すると、ファイルベースのバックアップとリストアの処理を実行できます。

次の表に、リストア方式を示します。

リストアプロセス

詳細

ファイルベースのリストア

ストレージ側のファイルシステムのフルリストア(プライマリまたはセカンダリから): SnapManager は完全な論理ユニット番号( LUN )のリストアを実行します。

ストレージ側のフルファイルシステムのリストア

ストレージ側でファイルシステムのフルリストアは、ボリュームをリストアできない場合に実行されますが、ファイルシステム全体をストレージシステム上でリストアできます。

ストレージ側でファイルシステムのリストアを実行すると、次のような処理が行われます。

  • SAN 環境では、ファイルシステムで使用されているすべての LUN (および基盤となるボリュームグループがある場合はそのボリュームグループ)がストレージシステム上でリストアされます。

ストレージ側でファイルシステムのリストアを実行すると、ストレージの場所に応じて次の処理が実行されます。

  • SnapManager がプライマリストレージシステムからリストアする場合は、 SFSR を使用して LUN ( SAN )を元の場所にリストアします。

  • SnapManager でセカンダリストレージシステムをリストアすると、セカンダリストレージシステムからネットワーク経由でプライマリストレージシステムに LUN ( SAN )がコピーされます。

ファイルシステムは完全にリストアされるため、バックアップに含まれていないファイルもリストアされます。リストア対象のファイルシステムに、リストア対象外のファイルが存在する場合は、上書きが必要です。

ホスト側のファイルのリストア

ストレージ側のファイルシステムのリストアとストレージ側のファイルのリストアを実行できない場合、 SAN 環境ではホスト側のファイルコピーのリストアを最後の手段として使用します。

ホスト側のファイルコピーのリストアでは、次のタスクを実行します。

  • ストレージをクローニングする

  • クローニングされたストレージをホストに接続します

  • クローン・ファイルシステムからアクティブ・ファイルシステムにファイルをコピーします

  • ホストからクローンストレージを切断しています

  • クローンストレージを削除しています