日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

SnapManagerfor Oracle とは

寄稿者 このページの PDF をダウンロード

SnapManager には、ポリシーベースのデータ管理、定期的なデータベースバックアップのスケジュール設定と作成、データ損失や災害が発生した場合のこれらのバックアップからのデータのリストア、データベースクローンの作成に必要なツールが用意されています。ポストプロセススクリプトを使用して、プライマリストレージにバックアップを作成し、保護されたバックアップをセカンダリストレージに作成できます。

SnapManager は、最新のデータベースリリースと統合する際にネットアップのテクノロジを活用します。SnapManager は、ネットアップの次のアプリケーションやテクノロジと統合されています。

  • SnapDrive は、ストレージのプロビジョニングタスクを自動化し、エラーが発生しない、ホストと整合性のあるストレージの Snapshot コピーを作成するプロセスを簡易化します。

  • Data ONTAP の機能である Snapshot を使用すると、データベースのポイントインタイムコピーを作成できます。

  • Data ONTAP ( SnapVault のライセンス機能)は、ディスクベースのバックアップを利用して、信頼性の高い低オーバーヘッドのデータベースのバックアップとリカバリを実現します。

  • SnapMirror ( Data ONTAP のライセンス機能)は、シンプルかつ信頼性とコスト効率に優れた方法で、グローバルネットワーク全体にデータベースデータを複製します。

  • SnapRestore ( Data ONTAP のライセンス機能)は、容量やファイル数に関係なく、データベース全体を数秒でリカバリします。

  • FlexClone ( Data ONTAP のライセンス機能)を使用すると、 Snapshot バックアップから、スペース効率に優れたデータベースのクローンを短時間で作成できます。

SnapManager は、 SAN ( FC および iSCSI )プロトコルで動作します。

また、 SnapManager は Oracle Recovery Manager ( RMAN )などのネイティブ Oracle テクノロジと統合されています。