日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

smo schedule create コマンド

寄稿者 このページの PDF をダウンロード

schedule create コマンドを使用して、特定の時間にバックアップを作成するようにスケジュールを設定できます。

構文

        smo schedule create
-profile profile_name
\[-full\{-auto \| -online \| -offline\}
\[-retain -hourly \| -daily \| -weekly \| -monthly \| -unlimited\]
\[-verify\]\] |
\[-data \[\[-files files \[files\]\] \|
\[-tablespaces tablespaces \[tablespaces\]\] \{-auto \| -online \| -offline\}
\[-retain -hourly \| -daily \| -weekly \| -monthly \| -unlimited\]
\[-verify\]\] |
\[-archivelogs\]}
\[-label label\]
\[-comment comment\]

\[-backup-dest path1 \[ , path2\]\]
\[-exclude-dest path1 \[ , path2\]\]
\[-prunelogs \{-all \| -until-scn until-scn \| -until -date  yyyy-MM-dd:HH:mm:ss\] \| -before \{-months \| -days \| -weeks \| -hours}}
-prune-dest prune_dest1,\[prune_dest2\]\]
-schedule-name schedule_name
\[-schedule-comment schedule_comment\]
-interval \{-hourly \| -daily \| -weekly \| -monthly \| -onetimeonly\}
-cronstring cron_string
-start-time \{start_time <yyyy-MM-dd HH:mm\>\}
-runasuser runasuser
\[-taskspec taskspec\]
-force
\[-quiet \| -verbose\]

パラメータ

  • * -profile profile_name *

    バックアップのスケジュールを設定するデータベースに関連するプロファイルの名前を指定します。プロファイルには、データベースの識別子およびその他のデータベース情報が含まれています。

  • * - auto オプション *

    データベースがマウント済み状態またはオフライン状態の場合、 SnapManager はオフラインバックアップを実行します。データベースが OPEN または ONLINE 状態の場合、 SnapManager はオンライン・バックアップを実行します。force オプションを -offline オプションと指定すると、データベースが現在オンラインである場合でも、 SnapManager によってオフライン・バックアップが強制的に実行されます。

  • * - オンラインオプション *

    オンライン・データベース・バックアップを指定します。

  • * -offline オプション *

    データベースがシャットダウン状態のときのオフラインバックアップを指定します。データベースが OPEN または MOUNTED の場合には、バックアップは失敗します。force オプションを使用した場合、 SnapManager はデータベースの状態を変更し、オフライン・バックアップのためにデータベースをシャットダウンしようとします。

  • * - フルオプション *

    データベース全体がバックアップされます。これには、すべてのデータ、アーカイブログ、および制御ファイルが含まれます。アーカイブ REDO ログおよび制御ファイルは、実行するバックアップのタイプに関係なくバックアップされます。データベースの一部だけをバックアップする場合は、 -files オプションまたは -tablespaces オプションを使用します。

  • * - ファイルリスト *

    指定されたデータファイル、およびアーカイブされたログファイルと制御ファイルのみをバックアップします。ファイル名のリストはスペースで区切ります。データベースが OPEN 状態の場合、 SnapManager は該当する表領域がオンライン・バックアップ・モードになっているかどうかを検証します。

  • * - 表領域 *

    指定されたデータベースの表領域、およびアーカイブされたログファイルと制御ファイルのみをバックアップします。表領域名はスペースで区切ります。データベースが OPEN 状態の場合、 SnapManager は該当する表領域がオンライン・バックアップ・モードになっているかどうかを検証します。

  • * - ラベル名 *

    このバックアップのオプション名を指定します。この名前はプロファイル内で一意である必要があります。名前には、アルファベット、数字、アンダースコア( _ )、およびハイフン( - )を使用できます。1 文字目をハイフンにすることはできません。

    ラベルを指定しない場合、 SnapManager は scope_type_date 形式でデフォルトのラベルを作成します。

    • 範囲は F でフル・バックアップを示し 'P ではパーシャル・バックアップを示します

    • type は、オフライン(コールド)バックアップを示す C 、オンライン(ホット)バックアップを示す H 、または自動バックアップを示す A です(例: P_A_20081010060037IST )。

    • date は、バックアップを作成した年月日、および時刻です。

      SnapManager は 24 時間方式のクロックを使用します。

    たとえば、 2007 年 1 月 16 日の午後 5 時 45 分 16 分にデータベースをオフラインにしてフルバックアップを実行したとします東部標準時、 SnapManager はラベル F_C_20070116174516EST を作成します。

  • * -comment string*

    このバックアップに関するコメントを指定します。文字列は一重引用符( ' )で囲みます。

    注記 一部のシェルでは、引用符が除去されます。ご使用のシェルに当てはまる場合は、引用符にバックスラッシュ( \ )を含める必要があります。たとえば、「 \ 」と入力する必要があるかもしれません。これはコメントです。
  • * -verify オプション *

    Oracle の dbv ユーティリティを実行して、バックアップ内のファイルが破損していないかどうかが検証されます。

    注記 verify オプションを指定した場合、検証処理が完了するまで、バックアップ処理は完了しません。
  • * -force オプション *

    データベースが正しい状態でない場合に、状態を強制的に変更します。たとえば、指定したバックアップのタイプおよびデータベースの状態に基づいて、 SnapManager によってデータベースの状態がオンラインからオフラインに変更されることがあります。

    • ローカルインスタンスがシャットダウン状態で、少なくとも 1 つのインスタンスが開いている場合は、 -force オプションを使用してローカルインスタンスを mounted に変更できます。

    • インスタンスが開いていない場合は、 -force オプションを使用してローカルインスタンスを open に変更できます。

  • * - { -hourly | -daily | -weekly | -monthly | -unlimited } * を保持できます

    バックアップを時間単位、日単位、週単位、月単位、または無制限単位で保持するかどうかを指定します。retain オプションを指定しない場合、保持クラスはデフォルトで -hourly に設定されます。バックアップを無期限に保持するには、 -unlimited オプションを使用します。unlimited オプションを指定すると、バックアップは保持ポリシーで削除できなくなります。

  • -archivelogs

    アーカイブログバックアップの作成を指定します。

  • -backup-dest path1 、 [,[path2]

    アーカイブログバックアップのアーカイブログのデスティネーションを指定します。

  • -exclude-dest path1,[,[path2]

    バックアップから除外するアーカイブログの送信先を指定します。

  • *-prunelogs {-all|-until -scnuntil -scnuntil -dateyyyy-md-dd : HH : mm : ss | -before { -months | -days | -weeks | -hours } *

    バックアップの作成時に指定したオプションに基づいて、アーカイブログデスティネーションからアーカイブログファイルを削除するかどうかを指定します。all オプションを指定すると、アーカイブログのデスティネーションからすべてのアーカイブログファイルが削除されます。until SCN オプションを使用すると、指定したシステム変更番号( SCN )までアーカイブログファイルが削除されます。until date オプションを使用すると、指定した期間が経過するまでアーカイブ・ログ・ファイルが削除されます。before オプションを指定すると、指定した期間(日、月、週、時間)前のアーカイブログファイルが削除されます。

  • * -schedule - name schedule_name * と入力します

    スケジュールに指定する名前を指定します。

  • * -schedule - comment schedule_comment *

    バックアップのスケジュール設定に関するコメントを指定します。

  • * -interval { -hourly | -daily | -weekly | -monthly | -onetimeonly } * を使用できます

    バックアップを作成する間隔を指定します。バックアップのスケジュールは、毎時、毎日、毎週、毎月、または 1 回のみ設定できます。

  • cronstring cron_string

    cronstring を使用してバックアップのスケジュールを指定します。CronTrigger のインスタンスの構成には cron 式が使用されます。cron 式は、次のサブ式で構成される文字列です。

    • 1 は秒を表します。

    • 2 は分を表します。

    • 3 は時間を表します。

    • 4 は 1 か月の 1 日を表します。

    • 5 は月を表します。

    • 6 は 1 週間のうちの 1 日を表します。

    • 7 は年を表します(オプション)。

  • * -start-time yyyy-mm-dd HH : MM *

    スケジュールされた処理の開始時刻を指定します。スケジュールの開始時刻は、 yyyy-mm-dd HH : MM 形式で指定します。

  • -runAsUser runAsUser

    バックアップのスケジュール設定時に、スケジュールされたバックアップ処理のユーザ( root ユーザまたは Oracle ユーザ)を変更するように指定します。

  • *-taskspec taskspec *

    バックアップ処理の前処理アクティビティまたは後処理アクティビティに使用できるタスク仕様 XML ファイルを指定します。xml ファイルの完全なパスを -taskspec オプションで指定する必要があります

  • * - Quiet *

    コンソールにエラーメッセージのみを表示します。デフォルトでは、エラーおよび警告メッセージが表示されます。

  • * -verbose *

    エラー、警告、および情報メッセージがコンソールに表示されます。