日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

smo clone delete コマンド

寄稿者 このページの PDF をダウンロード

クローンを削除するには、 clone delete コマンドを実行します。どの処理でもクローンが使用されている場合、クローンは削除できません。

構文

        smo clone delete
-profile profile_name
\[-id guid \| -label clone_name\]
[-login
\[-username db_username -password db_password -port db_port\]
 ]
\[-syspassword syspassword\]
-force
\[-dump\]
\[-quiet \| -verbose\]

パラメータ

  • * -profile profile_name *

    削除するクローンが含まれているプロファイルの名前を指定します。プロファイルには、データベースの識別子およびその他のデータベース情報が含まれています。

  • * -force *

    クローンに関連付けられたリソースがある場合も、クローンを削除します。

  • -id GUID

    削除するクローンの GUID を指定します。GUID はクローンを作成するときに SnapManager によって生成されます。各クローンの GUID を表示する場合は、 smo clone list コマンドを使用します。

  • * - ラベル名 *

    削除するクローンのラベルを指定します。

  • -syspassword syspassword

    sys 特権ユーザのパスワードを指定します。

    注記 指定されたデータベースクレデンシャルが sys 特権ユーザに対して同じでない場合は、 sys 特権ユーザのパスワードを指定する必要があります。
  • * - ログイン *

    データベースログインの詳細を入力できます。

  • * -username repo_username *

    データベースへのアクセスに必要なユーザ名を指定します。

  • * -password db_password *

    データベースへのアクセスに必要なパスワードを指定します。

  • * -port db_port *

    プロファイルに記述されるデータベースへのアクセスに使用する TCP ポート番号を指定します。

  • * -dump*

    クローンの削除処理後にダンプファイルを収集するように指定します。

  • * - Quiet *

    コンソールにエラーメッセージのみを表示します。デフォルトでは、エラーおよび警告メッセージが表示されます。

  • * -verbose *

    エラー、警告、および情報メッセージがコンソールに表示されます。

次の例は、クローンを削除します。

smo clone delete -profile SALES1 -label SALES_May
Operation Id [8abc01ec0e79004b010e79006da60001] succeeded.