日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

タスク仕様ファイルを作成しています

寄稿者 このページの PDF をダウンロード

タスク仕様ファイルは、グラフィカルユーザインターフェイス( GUI )、コマンドラインインターフェイス( CLI )、またはテキストエディタを使用して作成できます。これらのファイルは、バックアップ、リストア、クローニングの各処理の前処理または後処理を実行する際に使用されます。

  1. GUI 、 CLI 、またはテキストエディタを使用して、タスク仕様ファイルを作成します。

    次のサンプルタスク仕様ファイルの構造に基づいて、仕様ファイルを作成できます。

    <task-specification>
      <pre-tasks>
    				<task>
          <name>name</name>
          <parameter>
              <name>name</name>
              <value>value</value>
           </parameter>
        </task>
      </pre-tasks>
      <post-tasks>
        <task>
          <name>name</name>
          <parameter>
              <name>name</name>
              <value>value</value>
           </parameter>
        </task>
      </post-tasks>
    </task-specification>
  2. スクリプト名を入力します。

  3. パラメータ名とパラメータに割り当てられた値を入力します。

  4. XML ファイルを正しいインストールディレクトリに保存します。

タスク仕様の例

  <task-specification>
    <pre-tasks>
      <task>
        <name>clone cleanup</name>
        <description>pre tasks for cleaning up the target system</description>
        </task>
    </pre-tasks>
    <post-tasks>
      <task>
        <name>SystemCopy follow-up activities</name>
        <description>SystemCopy follow-up activities</description>
        <parameter>
          <name>SCHEMAOWNER</name>
          <value>SAMSR3</value>
        </parameter>
      </task>
      <task>
        <name>Oracle Users for OS based DB authentication</name>
        <description>Oracle Users for OS based DB authentication</description>
        <parameter>
          <name>SCHEMAOWNER</name>
          <value>SAMSR3</value>
        </parameter>
        <parameter>
          <name>ORADBUSR_FILE</name>

										<value\>E:\\mnt\\sam\\oradbusr.sql</value\>
        </parameter>
      </task>
      </post-tasks>
  </task-specification>