日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

リポジトリデータベース用の Oracle ユーザの作成

寄稿者 このページの PDF をダウンロード

リポジトリデータベース用の Oracle ユーザを作成し、リポジトリデータベースに対して複数の処理を実行するための特定の権限を割り当てることができます。

接続権限とリソース権限を Oracle ユーザに割り当てる必要があります。sysdba 権限を持つリポジトリデータベースのユーザを作成する必要はありません。

注記 ただし、ターゲットデータベースの sysdba ロールを持つ Oracle ユーザを作成する必要があります。
  1. SQL*Plus にログインします。

    コマンドプロンプトで、次のコマンドを入力します。 sqlplus '/as sysdba'

    SQL*Plus: Release 11.2.0.1.0 Production on Wed Jun 1 06:01:26 2011
    Copyright (c) 1982, 2009, Oracle.  All rights reserved.
    Connected to:
    Oracle Database 11g Enterprise Edition Release 11.2.0.1.0 - Production
    With the Partitioning, Automatic Storage Management, OLAP, Data Mining
    and Real Application Testing options
  2. adminpw1 などの管理者パスワードを指定したリポジトリ用の repo1_user などのユーザを作成するには、 SQL プロンプトで次のコマンドを入力します。 SQL> create user repo1_user identified by adminpw1 ;

  3. ユーザーに接続権限とリソース権限を付与するには、次のコマンドを入力します。 grant connect 、 resource to repo1_user ;