日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

リポジトリの作成

寄稿者 このページの PDF をダウンロード

SnapManager では、実行した処理に関するデータを保持するために、ホスト上にリポジトリが必要です。

次の作業が完了していることを確認します。

  1. リポジトリデータベースに Oracle ユーザとパスワードを作成します。

  2. リポジトリへのユーザ・アクセスを許可します。

リポジトリの場合、 SnapManager for Oracle では、表領域をインストールするために、最低 4K のブロック・サイズが必要です。ブロックサイズは、次の SQL コマンドを使用して確認できます。

select a.username, a.default_tablespace, b.block_size
from dba_users a, dba_tablespaces b
a.username = repo_user

ここで、

  • a.default_tablespace = b. tablespace_name に設定します

  • a.username = リポジトリ上のユーザ名

リポジトリをアップグレードする場合、 SnapManager サーバをリブートして、関連するスケジュールを再起動する必要があります。

  1. リポジトリを作成するには、次の一般的な形式を使用して repository create コマンドを入力します。 smo repository create -repository -dbname repo_service_name -host repo_host -login -username repo_username -port repo_port -force-][-nofry] [-quiet | -verbose

    ここで、

    • repository -dbname は、リポジトリ・データベースの名前です。

    • -host は、リポジトリのホストの名前です。

    • -username は、リポジトリにアクセスできるデータベース・ユーザの名前です。

    • -port は、ホストのポートです。このコマンドの他のオプションは、次のとおりです。

      [-force] [-nopromp]

      [+]

    + 注 : 同じ名前の既存のリポジトリがある場合に -force オプションを使用すると ' 既存のリポジトリスキーマ内のすべてのデータが上書きされます

リポジトリの作成

次のコマンド・ラインを使用すると、リポジトリが作成されます。

smo repository create -repository -dbname HRDP
-host server1 -login -username admin -port 1521