日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

Oracle Recovery Manager ( RMAN )を使用したブロックレベル・リカバリの実行

寄稿者 このページの PDF をダウンロード

RMAN を使用してブロックレベルのリカバリを実行できるようにするために、 Oracle ツールである Recovery Manager ( RMAN )でバックアップのカタログを作成するように SnapManager を設定できます。RMAN は、データベースの制御ファイルまたは個別のリカバリ・カタログ・データベースのいずれかをリポジトリとして使用できます。

  1. SnapManager を使用してオフラインのフルバックアップを実行するには、次のコマンドを入力します。

    smo backup create -offline-full-profileprofileprofileprofileprofile_name -labelbackup_label_name -verbose

    ここで、

    • profile_name は、バックアップが関連付けられたプロファイルの名前です

    • backup_label_name は、バックアップ・ラベルの名前です

smo backup create -offline -full -profile profile_monthly
-label full_backup -verbose

+
SMO-07109 [INFO ]: Cataloguing all files in backup set with RMAN
TAG=SMC_full_backup_1158773581857, RMAN=ES0/controlfile.
...
SMO-13037 [INFO ]: Successfully completed operation: Backup
SMO-13048 [INFO ]: Operation Status: SUCCESS
SMO-13049 [INFO ]: Elapsed Time: 0:02:20.506
Operation Id [ff8080810dcc47e3010dcc47eb7a0001] succeeded.
+
  1. RMAN を使用してバックアップがカタログ化されているかどうかを確認するには、データベース・ホストから、 RMAN プロンプトで次のコマンドを入力します。

    list datafilecopy tag tag_name ;

  2. データベースを検証し、破損したブロックがないかどうかを確認するには、次のコマンドを入力します。

    DBV ファイル = user01.dbf

    次の出力は、 2 つのページが破損していることを示しています。

    DBVERIFY: Release 10.2.0.1.0 - Production on Wed Sep 20 13:35:44 2006
    Copyright (c) 1982, 2005, Oracle. All rights reserved.
    DBVERIFY - Verification starting : FILE = user01.dbf
    Page 625 is marked corrupt
    Corrupt block relative dba: 0x01400271 (file 5, block 625)
    Bad header found during dbv:
    Data in bad block:
    type: 240 format: 6 rdba: 0xed323b81
    last change scn: 0x6f07.faa74628 seq: 0x87 flg: 0x02
    spare1: 0x60 spare2: 0x5 spare3: 0xef7d
    consistency value in tail: 0xa210fe71
    check value in block header: 0x13c7
    block checksum disabled...
    Page 627 is marked corrupt
    Corrupt block relative dba: 0x01400273 (file 5, block 627)
    Bad header found during dbv:
    Data in bad block:
    type: 158 format: 7 rdba: 0x2101e16d
    last change scn: 0xe828.42414628 seq: 0xb4 flg: 0xff
    spare1: 0xcc spare2: 0x81 spare3: 0x8665
    consistency value in tail: 0x46d20601
    check value in block header: 0x1a84
    computed block checksum: 0x6c30
    DBVERIFY - Verification complete
    Total Pages Examined : 1280
    Total Pages Processed (Data) : 1123
    Total Pages Failing (Data) : 0
    Total Pages Processed (Index): 0
    Total Pages Failing (Index): 0
    Total Pages Processed (Other): 34
    Total Pages Processed (Seg) : 0
    Total Pages Failing (Seg) : 0
    Total Pages Empty : 120
    Total Pages Marked Corrupt: 2
    Total Pages Influx : 0
    Highest block SCN : 1337349 (0.1337349)
  3. バックアップのファイルにホスト上でアクセスし、 RMAN で利用できるようにするには、次のコマンドを使用してバックアップをマウントします。

    smo backup mount -profile profile_name -labellabel -verbose

    smo backup mount -profile SALES1 -label full_backup -verbose
    
    SMO-13046 [INFO ]: Operation GUID 8abc013111b9088e0111b908a7560001 starting on Profile SALES1
    SMO-08052 [INFO ]: Beginning to connect mount(s) [E:\logs,F:\data] from logical snapshot SMO_SALES1_hsdb1_F_C_1_8abc013111a450480111a45066210001.
    SMO-08025 [INFO ]: Beginning to connect mount E:\logs from snapshot SMO_SALES1_hsdb1_F_C_1_8abc013111a450480111a45066210001_0 of volume hs_logs.
    SMO-08027 [INFO ]: Finished connecting mount E:\logs from snapshot SMO_SALES1_hsdb1_F_C_1_8abc013111a450480111a45066210001_0 of volume hs_logs.
    SMO-08025 [INFO ]: Beginning to connect mount F:\data from snapshot SMO_SALES1_hsdb1_F_C_1_8abc013111a450480111a45066210001_0 of volume hs_data.
    SMO-08027 [INFO ]: Finished connecting mount F:\data from snapshot SMO_SALES1_hsdb1_F_C_1_8abc013111a450480111a45066210001_0 of volume hs_data.
    SMO-08053 [INFO ]: Finished connecting mount(s) [E:\logs,F:\data] from logical snapshot SMO_SALES1_hsdb1_F_C_1_8abc013111a450480111a45066210001.
    SMO-13037 [INFO ]: Successfully completed operation: Backup Mount
    SMO-13048 [INFO ]: Operation Status: SUCCESS
    SMO-13049 [INFO ]: Elapsed Time: 0:01:00.981
    Operation Id [8abc013111b9088e0111b908a7560001] succeeded.
  4. RMAN で次のコマンドを入力して、ブロックをリカバリします。

    blockrecover は ' タグ backup_rman_tag から ' データファイル 'E:\path\file.dbf' ブロック block_id をリカバリします

    RMAN> blockrecover datafile
    ‘E:\sys\file01.dbf’ block 625, 626, 627
    from tag SMO_full_backup_1158773581857;
    
    Starting blockrecover at 20-SEP-08 using target database control file instead of recovery catalog
    allocated channel: ORA_DISK_1
    channel ORA_DISK_1: sid=153 devtype=DISK
    channel ORA_DISK_1: restoring block(s) from datafile copy
     C:\myfs\user01.dbf
    starting media recovery
    media recovery complete, elapsed time: 00:00:01
    Finished blockrecover at 20-SEP-08
  5. ブロックが修復されたかどうかを確認するには、次のコマンドを使用します。

    DBV ファイル = filename.dbf

    次の出力は、破損したページがないことを示しています。

    dbv FILE=user01.dbf
    
    DBVERIFY: Release 10.2.0.1.0 - Production on Wed Sep 20 13:40:01 2008
    Copyright (c) 1982, 2008, Oracle. All rights reserved.
    DBVERIFY - Verification starting : FILE = user01.dbf
    DBVERIFY - Verification complete
    Total Pages Examined : 1280
    Total Pages Processed (Data) : 1126
    Total Pages Failing (Data) : 0
    Total Pages Processed (Index): 0
    Total Pages Failing (Index): 0
    Total Pages Processed (Other): 34
    Total Pages Processed (Seg) : 0
    Total Pages Failing (Seg) : 0
    Total Pages Empty : 120
    Total Pages Marked Corrupt : 0
    Total Pages Influx : 0
    Highest block SCN : 1337349 (0.1337349)

    破損したブロックはすべて修復され、リストアされました。