日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

バックアップリストア情報をプレビューしています

寄稿者 このページの PDF をダウンロード

バックアップのリストアプロセスが実行される前に、そのプロセスに関する情報をプレビューして、 SnapManager for Oracle がバックアップで検出したリストア対応状況を確認できます。SnapManager はバックアップ上のデータを分析して、リストアプロセスを正常に完了できるかどうかを判断します。

リストアプレビューでは次の情報を確認できます。

  • 各ファイルのリストアに使用できるリストアメカニズム(ストレージ側のファイルシステムのリストア、ストレージ側のファイルのリストア、またはホスト側のファイルコピーのリストア)

  • verbose オプションを指定すると、各ファイルのリストアに効率的なメカニズムが使用されなかった理由が表示されます。

backup restore コマンドに -preview オプションを指定すると、 SnapManager は何もリストアしませんが、リストア対象のファイルとリストア方法が表示されます。

注記 すべてのタイプのリストアメカニズムをプレビューできます。プレビューには、最大 20 個のファイルに関する情報が表示されます。
  1. 次のコマンドを入力します。 smo backup restore -profile profile_name -labellabel -complete -preview -verbose

    たとえば、次のように入力します。

    smo backup restore -profile targetdb1_prof1
          -label full_bkup_sales_nov_08  -complete -preview -verbose

    次の例は、リストア可能なファイルを示しており、それぞれに使用されるさまざまな方法を示しています。

    The following files will be restored via storage side full file system
    restore:
    E:\disks\sysaux.dbf
    E:\disks\system.dbf
    
    The following files will be restored via host side file copy restore:
    E:\disks\undotbs1.dbf
    E:\disks\undotbs2.dbf
  2. 他のリストア・プロセスを使用できない理由を確認します。

  3. 上書き可能な理由だけが表示される場合は、 -preview オプションを使用せずにリストア処理を開始します。

    必須でないチェックは無視してもかまいません。