日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

既存のリポジトリを更新しています

寄稿者 このページの PDF をダウンロード

SnapManager 3.3.x から SnapManager 3.4 以降にアップグレードする場合、既存のリポジトリを更新する必要はありませんが、他のすべてのアップグレードパスでは、アップグレード後にアクセスできるように既存のリポジトリを更新する必要があります。

  • アップグレードした SnapManager サーバを起動して確認しておく必要があります。

  • 既存のリポジトリのバックアップが存在している必要があります。

  • SnapManager 3.1 より前のバージョンから SnapManager 3.3 以降にアップグレードする場合は、まず SnapManager 3.2 にアップグレードする必要があります。

    SnapManager 3.2 にアップグレードしたあと、 SnapManager 3.3 以降にアップグレードできます。

  • リポジトリを更新すると、以前のバージョンの SnapManager ではそのリポジトリを使用できなくなります。

    1. 既存のリポジトリを更新します。 smo repository update -repository -dbname repository_service_name -host repository_host_name -login -username repository_user_name -port repository_port

      • リポジトリのユーザ名、リポジトリサービス名、およびリポジトリホスト名には、英数字、マイナス記号、アンダースコア、ピリオドを使用できます。

      • リポジトリポートには、任意の有効なポート番号を使用できます。既存のリポジトリの更新時に使用されるその他のオプションは、次のとおりです。

      • force オプション

      • noprompt オプション

      • quiet オプション

      • verbose オプション

smo repository update -repository -dbname SALESDB
-host server1 -login -username admin -port 1521

+

SnapManager サーバを再起動して、関連付けられているスケジュールをすべて再開します。