日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

単一のクラスタビューダッシュボード

寄稿者

選択したクラスタの*ダッシュボード*ページで、パフォーマンス、容量、コンピューティング利用率など、クラスタの詳細の概要を確認できます。

クラスタに関する詳細情報を表示するには、* Show Details *ドロップダウンメニューを選択するか、を選択します 詳細については アイコンをクリックすると、より詳細なレポート情報が表示されます。また、グラフの線やレポートデータにマウスポインタを合わせると、詳細が表示されます。

詳細情報はシステムによって異なります。

  • system

  • HCI system overview

ストレージ専用システム

SolidFire ストレージベースの解決策 の場合、「ダッシュボード*」ページで「詳細を表示」を選択すると、クラスタに固有の詳細やパフォーマンス情報を表示できます。

見出し 説明

情報バー

このトップバーには、選択したクラスタの現在のステータスの概要が表示されます。バーには、ノードの数、ボリュームの数、障害の詳細、効率に関するリアルタイムの統計、およびブロックとメタデータの容量に関するステータスが表示されます。このバーのリンクをクリックすると、UIの対応するデータに移動します。

クラスタの詳細

次の値を表示するには、* Show Details *を選択して情報バーを展開します。

  • Elementのバージョン

  • iSCSIセッション

  • Fibre Channelセッション

  • 合計設定済みIOPS

  • 合計最大IOPS

  • ノードタイプ

  • 保存データの暗号化

  • できません

  • 設定されている最小IOPSの合計

パフォーマンス

このグラフには、IOPSとスループットの使用状況が表示されます。

容量

インストールされているクラスタの正常性と使用率が表示されます。

  • Provisioned:システムに作成されたすべてのボリュームの合計容量。

  • Physical:データを格納するためのシステム上の物理容量(ブロックデータの合計容量)の合計です(すべての効率化が適用されたあと)。

  • Block Capacity:現在使用されているブロックデータ容量。

  • Metadata Capacity:現在使用されているメタデータ容量。

  • 効率性:圧縮、重複排除、シンプロビジョニングにより、システムで表示される効率化機能の量。

NetApp HCI システムの概要

NetApp HCIベースの解決策 の場合、ダッシュボード*ページで「詳細を表示」を選択すると、クラスタに固有の詳細とパフォーマンス情報を表示できます。

見出し 説明

情報バー

このトップバーには、選択したクラスタの現在のステータスの概要が表示されます。バーには、コンピューティングノードとストレージノードの数、コンピューティングステータス、ストレージステータス、仮想マシンの数、NetApp HCI システムに関連付けられているボリュームの数が表示されます。このバーのリンクをクリックすると、UIの対応するデータに移動します。

インストールの詳細

次の値を表示するには、* Show Details *を選択して情報バーを展開します。

  • Elementのバージョン

  • ハイパーバイザー

  • 関連付けられているvCenterインスタンスです

  • 関連付けられているデータセンター

  • 合計設定済みIOPS

  • 合計最大IOPS

  • コンピューティングノードのタイプ

  • ストレージノードのタイプ

  • 保存データの暗号化

  • できません

  • iSCSIセッション

  • 設定されている最小IOPSの合計

コンピューティング利用率

このグラフには、CPUとメモリの使用状況が表示されます。

ストレージ容量

インストールされているクラスタの正常性と使用率が表示されます。

  • Provisioned:システムに作成されたすべてのボリュームの合計容量。

  • Physical:データを格納するためのシステム上の物理容量(ブロックデータの合計容量)の合計です(すべての効率化が適用されたあと)。

  • Block Capacity:現在使用されているブロックデータ容量。

  • Metadata Capacity:現在使用されているメタデータ容量。

  • 効率性:圧縮、重複排除、シンプロビジョニングにより、システムで表示される効率化機能の量。

ストレージパフォーマンス

このグラフにはIOPSとスループットが表示されます。

詳細については、こちらをご覧ください