日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

仮想ボリューム

寄稿者

選択したクラスタのサイドパネルからアクセス可能な* VVolページ*では、仮想ボリュームおよび仮想ボリュームに関連付けられたストレージコンテナ、プロトコルエンドポイント、バインド、およびホストに関する情報を表示できます。

VVOLに関連するタスクを次に示します。

  • Volumes

  • Containers

  • Endpoints * *

仮想ボリューム

選択したクラスタの* vvols > Virtual Volumes *ページには、クラスタ上の各アクティブな仮想ボリュームに関する情報が表示されます。

見出し 説明

ボリューム ID

基盤となるボリュームの ID 。

Snapshot ID

基盤となるボリューム Snapshot の ID 。仮想ボリュームがSnapshotを表していない場合、値は0です。

親仮想ボリュームのID

親仮想ボリュームの仮想ボリューム ID 。この ID がゼロの場合、仮想ボリュームは独立しており、親へのリンクはありません。

仮想ボリュームID

仮想ボリュームのUniversal Unique Identifier。

名前

仮想ボリュームに割り当てられている名前。

ゲスト OS タイプ

仮想ボリュームに関連付けられているオペレーティングシステム。

を入力します

仮想ボリュームのタイプ(Config、Data、Memory、Swap、Other)。

にアクセスします

仮想ボリュームに割り当てられている読み取り/書き込み権限。

サイズ

仮想ボリュームのサイズ(GB)またはギビバイト(GiB)。

使用済み容量

ボリュームの現在の使用済み容量:

  • 緑=最大80%

  • 黄色= 80%を超えています

  • 赤= 95%を超えています

スナップショット

関連付けられているSnapshotの数。Snapshotコピーの詳細にリンクする番号を選択します。

最小 IOPS

仮想ボリュームのQoS設定-最小IOPS。

最大 IOPS

仮想ボリュームのQoS設定-最大IOPS。

バースト IOPS

仮想ボリュームのQoS設定-バーストIOPS。

VMW_VMID

「VMW_」で始まるフィールド内の情報は、VMwareによって定義されます。詳細については、VMwareのドキュメントを参照してください。

作成時刻(Create Time)

仮想ボリュームの作成タスクが完了した時刻。

アクション

個々の仮想ボリュームの詳細を表示するには、縦のドロップダウンメニューを選択します。

ストレージコンテナ

選択したクラスタの「* VVol > Storage Containers *」ページでは、クラスタ上のすべてのアクティブなストレージコンテナに関する次の情報を確認できます。

見出し 説明

アカウント ID

ストレージコンテナに関連付けられたアカウントのID。

名前

ストレージコンテナの名前。

ステータス

ストレージコンテナのステータス。

  • Active :ストレージコンテナは使用中です。

  • Locked :ストレージコンテナはロックされています。

PEタイプ

プロトコルエンドポイントのタイプを示します(Elementソフトウェアで使用可能なプロトコルはSCSIのみです)。

ストレージコンテナID

仮想ボリュームストレージコンテナのUniversal Unique Identifier(UUID)。

アクティブな仮想ボリューム

ストレージコンテナに関連付けられたアクティブな仮想ボリュームの数。

プロトコルエンドポイント

選択したクラスタの「* VVOL*>* Protocol Endpoints *」ページには、プライマリプロバイダID、セカンダリプロバイダID、プロトコルエンドポイントIDなどのプロトコルエンドポイント情報が表示されます。

見出し 説明

プライマリプロバイダID

プライマリプロトコルエンドポイントプロバイダの ID 。

セカンダリプロバイダID

セカンダリプロトコルエンドポイントプロバイダの ID 。

プロトコルエンドポイントID

プロトコルエンドポイントの UUID 。

プロトコルエンドポイントの状態

プロトコルエンドポイントのステータス。

  • Active :プロトコルエンドポイントは使用中です。

  • Start :プロトコルエンドポイントが起動中です。

  • Failover :プロトコルエンドポイントはフェイルオーバーしました。

  • Reserved :プロトコルエンドポイントはリザーブされています。

プロバイダタイプ

プロトコルエンドポイントプロバイダのタイプ。PrimaryまたはSecondaryです。

SCSI NAAデバイスID

NAA IEEE Registered Extended Format のプロトコルエンドポイントのグローバル一意 SCSI デバイス ID 。

ホスト

選択したクラスタの* vvols*>* Hosts *ページには、仮想ボリュームをホストしているVMware ESXiホストに関する情報が表示されます。

見出し 説明

ホストID

仮想ボリュームをホストしていて、クラスタが認識している ESXi ホストの UUID 。

バインド

ESXi ホストによってバインドされたすべての仮想ボリュームのバインド ID 。

ESXクラスタID

vSphere ホストクラスタ ID または vCenter GUID 。

イニシエータのIQN

仮想ボリュームのホストのイニシエータ IQN 。

SolidFire プロトコルエンドポイントID

現在 ESXi ホストが認識できるプロトコルエンドポイント。

バインド

選択したクラスタの* vvols*>* Bindings *ページには、各仮想ボリュームに関するバインド情報が表示されます。

見出し 説明

ホストID

仮想ボリュームをホストしていて、クラスタが認識している ESXi ホストの UUID 。

プロトコルエンドポイントID

プロトコルエンドポイントの UUID 。

帯域IDのプロトコルエンドポイント

プロトコルエンドポイントの SCSI NAA デバイス ID 。

プロトコルエンドポイントタイプ

プロトコルエンドポイントのタイプを示します(Elementソフトウェアで使用可能なプロトコルはSCSIのみです)。

VVolバインドID

仮想ボリュームのバインドの UUID 。

VVol ID

仮想ボリュームのUUID。

VVolセカンダリID

SCSI セカンドレベル LUN ID である仮想ボリュームのセカンダリ ID 。

詳細については、こちらをご覧ください