日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

HA グループの設定オプション

寄稿者

次の図は、 HA グループのさまざまな構成例を示しています。各オプションには長所と短所があります。

次の図では、 HA グループのプライマリインターフェイスが青、 HA グループのバックアップインターフェイスが黄色で示されています。

HA の例

次の表は、図に示す各 HA 構成のメリットをまとめたものです。

設定 利点 欠点

アクティブ / バックアップ HA

  • StorageGRID で管理され、外部のコンポーネントを必要としません。

  • 高速フェイルオーバー。

  • HA グループ内の 1 つのノードだけがアクティブです。各 HA グループで少なくとも 1 つのノードがアイドル状態になります。

DNS ラウンドロビン

  • 総スループットが向上します。

  • アイドル状態のホストはありません。

  • クライアントの動作によってはフェイルオーバーが低速になる可能性があります。

  • StorageGRID の外部でハードウェアを構成する必要があります。

  • ユーザによる健全性チェックが必要です。

アクティブ / アクティブ HA

  • トラフィックが複数の HA グループに分散されます。

  • HA グループの数が増えるほど総スループットが向上します。

  • 高速フェイルオーバー。

  • 設定がより複雑になります。

  • StorageGRID の外部でハードウェアを構成する必要があります。

  • ユーザによる健全性チェックが必要です。