日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

アーカイブノードのレプリケーションを設定します

寄稿者

アーカイブノードのレプリケーション設定を行って、インバウンドおよびアウトバウンドのレプリケーションを無効にしたり、関連するアラームで追跡されているエラー数をリセットしたりできます。

必要なもの
手順
  1. サポート * > * ツール * > * グリッドトポロジ * を選択します。

  2. 「 * _ アーカイブノード _ * > * ARC * > * レプリケーション * 」を選択します。

  3. * Configuration * > * Main * を選択します。

    アーカイブノードの設定ページ > レプリケーション設定
  4. 必要に応じて次の設定を変更します。

    • * Reset Inbound Replication Failure Count * :インバウンドレプリケーションエラーのカウンタをリセットする場合に選択します。この設定を使用して、 RIRF ( Inbound Replications - - Failed )アラームをクリアできます。

    • Reset Outbound Replication Failure Count :アウトバウンドレプリケーションエラーのカウンタをリセットする場合に選択します。これを使用すると、 RORF ( Outbound Replications - - Failed )アラームをクリアできます。

    • * インバウンド複製を無効にする *: メンテナンスまたは手順 のテストの一環としてインバウンド複製を無効にする場合に選択します。通常の運用中はオフのままにします。

      インバウンドレプリケーションを無効にすると、 ARC サービスからオブジェクトデータを読み出して StorageGRID システム内の別の場所へレプリケートすることはできますが、システム内の別の場所からこの ARC サービスにオブジェクトをレプリケートすることはできません。ARC サービスは読み取り専用です。

    • * アウトバウンドレプリケーションの無効化 * :メンテナンスまたはテスト用手順 の一環としてアウトバウンドレプリケーション( HTTP 読み出し用のコンテンツ要求を含む)を無効にする場合は、このチェックボックスを選択します。通常の運用中はオフのままにします。

      アウトバウンドレプリケーションを無効にすると、この ARC サービスにオブジェクトデータをコピーして ILM ルールに従うことはできますが、 ARC サービスからオブジェクトデータを読み出して StorageGRID システム内の別の場所へコピーすることはできません。ARC サービスは書き込み専用です。

  5. 「 * 変更を適用する * 」を選択します。