日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

シングルサインオンを無効にします

寄稿者

不要になった場合はシングルサインオン( SSO )を無効にすることができます。アイデンティティフェデレーションを無効にする場合は、事前にシングルサインオンを無効にする必要があります。

必要なもの
手順
  1. [ * 設定 * > * アクセス制御 * > * シングルサインオン * ] を選択します。

    [Single Sign-On] ページが表示されます。

  2. [* Disabled * (無効 * ) ] オプションを選択します。

  3. [ 保存( Save ) ] を選択します。

    ローカルユーザがサインインできるようになったことを示す警告メッセージが表示されます。

    SSO を無効にしました。警告
  4. 「 * OK 」を選択します。

    次回 StorageGRID にサインインすると、 StorageGRID のサインインページが表示され、ローカルユーザまたはフェデレーテッド StorageGRID ユーザのユーザ名とパスワードを入力する必要があります。