日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

グリッド管理 API の処理

寄稿者

グリッド管理 API では、使用可能な処理が次のセクションに分類されます。

注記 このリストには、パブリック API で使用可能な処理のみが含まれます。
  • *accounts * — 新規アカウントの作成や特定の使用状況の取得など ' ストレージ・テナント・アカウントを管理するためのオペレーション

  • * alarms * - 現在のアラーム(レガシーシステム)をリストし、現在のアラートやノード接続状態の概要など、グリッドの健全性に関する情報を返す処理。

  • *alert-history * — 解決済みアラートに関する操作。

  • *alert-Receiver * — アラート通知受信者(電子メール)に関する操作。

  • *alert-rules * — アラートルールに関する操作

  • *alert-silences *-- アラートのサイレンスに関するオペレーション。

  • * alerts * — アラートの処理。

  • * audit * — 監査構成をリストおよび更新する処理。

  • auth — ユーザセッション認証を実行するための操作。

    グリッド管理 API は、ベアラートークン認証方式をサポートしています。サインインするには、認証要求(「 POST /api/v3/authorize 」)の JSON の本文でユーザ名とパスワードを指定します。ユーザが認証されると、セキュリティトークンが返されます。このトークンは、後続の API 要求(「 Authorization : Bearer_token_ 」)のヘッダーで指定する必要があります。

    注記 StorageGRID システムでシングルサインオンが有効になっている場合は、別の手順による認証が必要です。「シングルサインオンが有効な場合の API へのサインイン」を参照してください。

    認証セキュリティの向上については、「クロスサイトリクエストフォージェリに対する保護」を参照してください。

  • * client-certificates * — 外部監視ツールを使用して StorageGRID に安全にアクセスできるようにクライアント証明書を設定する処理。

  • config — 製品リリースと Grid Management API のバージョンに関連する操作。製品のリリースバージョンおよびそのリリースでサポートされているグリッド管理 API のメジャーバージョンをリストし、廃止されたバージョンの API を無効にすることができます。

  • * deactivated-features * — 非アクティブ化された可能性のある機能を表示する操作。

  • *dns-servers * — 設定済みの外部 DNS サーバをリストおよび変更する処理。

  • * endpoint-domain-names * — エンドポイントドメイン名をリストおよび変更する処理。

  • * erasure-coding * — イレイジャーコーディングプロファイルに対する処理。

  • *expansion *-- 拡張の操作 ( プロシージャレベル ) 。

  • * expansion-nodes * - 拡張処理(ノードレベル)。

  • * expansion-sitites * — 拡張の操作(サイトレベル)。

  • * grid-networks * — グリッドネットワークリストをリストおよび変更する処理。

  • * grid-password* - グリッドパスワード管理の操作。

  • *groups * — ローカルグリッド管理者グループを管理し、フェデレーテッドグリッド管理者グループを外部 LDAP サーバから取得するための処理。

  • * identity-source * — 外部のアイデンティティソースを設定する処理、およびフェデレーテッドグループとユーザ情報を手動で同期する処理。

  • *ilm * — 情報ライフサイクル管理 (ILM; 情報ライフサイクル管理 ) の操作。

  • license — StorageGRID ライセンスを取得および更新する処理。

  • logs — ログファイルを収集してダウンロードするための操作。

  • * メトリクス * — ある時点での瞬時の指標クエリや、一定期間にわたる指標クエリなど、 StorageGRID メトリックに対する処理。グリッド管理 API は、バックエンドのデータソースとして Prometheus システム監視ツールを使用します。Prometheus クエリの構築については、 Prometheus の Web サイトを参照してください。

    注記 名前に「 private 」を含むメトリックは内部専用です。これらの指標は、 StorageGRID のリリース間で予告なく変更される可能性があります。
  • * node-details * - ノードの詳細に対する処理。

  • * node-health * - ノードのヘルスステータスに関する処理。

  • *ntp-servers * — 外部ネットワークタイムプロトコル( NTP )サーバをリストまたは更新する処理。

  • * objects * — オブジェクトおよびオブジェクトメタデータに対する処理。

  • recovery — リカバリ手順 の処理。

  • * recovery-package * — リカバリパッケージをダウンロードする処理。

  • *regions * — 領域の表示と作成のための操作。

  • *s3-object-lock * — グローバルな S3 オブジェクトロック設定に対する処理。

  • *server-certificate * — Grid Manager サーバ証明書を表示および更新する処理。

  • *snmp * — 現在の SNMP 設定に対する操作。

  • *traffic-classes *-- トラフィック分類ポリシーの操作。

  • *untrusted-client-network * — 信頼されていないクライアントネットワーク構成に対する操作。

  • * users * — Grid Manager ユーザーを表示および管理する操作。