日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

ロードバランシングの仕組み - CLB サービス(廃止)

寄稿者

ゲートウェイノード上の Connection Load Balancer ( CLB )サービスは廃止されました。ロードバランササービスが推奨されるロードバランシングメカニズムになりました。

CLB サービスはレイヤ 4 ロードバランシングを使用して、可用性、システムの負荷、および管理者が設定したリンクコストに基づいて、クライアントアプリケーションからの受信 TCP ネットワーク接続を最適なストレージノードに分散します。最適なストレージノードが選択されると、 CLB サービスは双方向のネットワーク接続を確立し、選択されたノードとの間でトラフィックを転送します。CLB は、受信ネットワーク接続を転送するときにグリッドネットワーク設定を考慮しません。

CLB サービスに関する情報を表示するには、 * support * > * Tools * > * Grid topology * を選択し、次に * CLB * およびその下のオプションを選択できるようになるまでゲートウェイノードを拡張します。

グリッドトポロジツリー内の API ゲートウェイノード

CLB サービスを使用する場合は、 StorageGRID システムのリンクコストを設定することを検討してください。