日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

暗号化されたノードを表示する

寄稿者

StorageGRID システムでノード暗号化 * 設定が有効になっているアプライアンスノードに関する情報を表示できます。

手順
  1. 設定 * > * セキュリティ * > * キー管理サーバ * を選択します。

    [Key Management Server] ページが表示されます。Configuration Details タブには、設定済みのすべてのキー管理サーバが表示されます。

    KMS 構成の詳細 KMS テーブル
  2. ページの上部から、 [* 暗号化されたノード * ] タブを選択します。

    KMS 暗号化ノードタブ

    [Encrypted Nodes] タブには、 StorageGRID システムでノード暗号化 * 設定が有効になっているアプライアンスノードが表示されます。

    KMS 暗号化ノードテーブル
  3. 各アプライアンスノードについて、表の情報を確認します。

    列( Column ) 説明

    ノード名

    アプライアンスノードの名前。

    ノードタイプ( Node Type )

    ノードのタイプ。 Storage 、 Admin 、または Gateway 。

    サイト

    ノードがインストールされている StorageGRID サイトの名前。

    KMS 表示名

    ノードに使用される KMS の説明的な名前。

    KMS が表示されていない場合は '[ 構成の詳細 ] タブを選択して KMS を追加します

    キー UID

    アプライアンスノードでデータの暗号化と復号化に使用する暗号化キーの一意の ID 。キー UID 全体を表示するには、セルにカーソルを合わせます。

    ダッシュ( - - )は、キー UID が不明であることを示します。アプライアンスノードと KMS 間の接続問題 が原因である可能性があります。

    ステータス

    KMS とアプライアンスノード間の接続のステータス。ノードが接続されている場合は、タイムスタンプが 30 分ごとに更新されます。KMS の設定変更後に接続ステータスが更新されるまで数分かかることがあります。

    • 注: * 新しい値を表示するには、 Web ブラウザを更新する必要があります。

  4. ステータス列に KMS 問題 と表示されている場合は、問題 にすぐに対処してください。

    通常の KMS 操作中、ステータスは * KMS * に接続されます。ノードがグリッドから切断されると、ノードの接続状態が(意図的に停止しているか不明である)と表示されます。

    その他のステータスメッセージは、同じ名前の StorageGRID アラートに対応します。

    • KMS の設定をロードできませんでした

    • KMS 接続エラー

    • KMS 暗号化キー名が見つかりません

    • KMS 暗号化キーのローテーションに失敗しました

    • KMS キーでアプライアンスボリュームを復号化できませんでした

    • KMS は設定されていません

    の手順に従って、これらのアラートの推奨される対処方法を参照してください StorageGRID の監視とトラブルシューティング

重要 問題が発生した場合は、データを完全に保護するために、すぐに対処する必要があります。