日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

TSM サーバの容量が上限に達したときのアーカイブノードの管理

寄稿者

TSM サーバには、管理対象の TSM データベースまたはアーカイブメディアストレージの容量が上限に近づいている場合にアーカイブノードに通知する手段がありません。この状況を回避するには、 TSM サーバをプロアクティブに監視します。

必要なもの

アーカイブノードは、 TSM サーバが新しいコンテンツの受け入れを停止したあとも引き続き TSM サーバに転送するオブジェクトデータを受け入れますが、TSM サーバが管理するメディアにこのコンテンツを書き込むことはできません。アラームがトリガーされます。

ARC サービスから TSM サーバにコンテンツが送信されないようにします

ARC サービスから TSM サーバにさらにコンテンツが送信されないようにするには、アーカイブノードの * ARC * > * Store * コンポーネントをオフラインにします。この手順 は、 TSM サーバがメンテナンスに使用できないときにアラームを生成しない場合にも役立ちます。

手順
  1. サポート * > * ツール * > * グリッドトポロジ * を選択します。

  2. 「 * _ アーカイブノード _ * > * ARC * > * Store * 」を選択します。

  3. * Configuration * > * Main * を選択します。

    アーカイブノードの設定ページ
  4. 「 Store State 」を「 Offline 」に変更します。

  5. 「 Archive Store Disabled on Startup * 」を選択します。

  6. 「 * 変更を適用する * 」を選択します。

TSM ミドルウェアが容量の限界に達した場合は、アーカイブノードを読み取り専用に設定します

ターゲットの TSM ミドルウェアサーバが容量の限界に達した場合、読み出しのみを実行するようにアーカイブノードを最適化できます。

手順
  1. サポート * > * ツール * > * グリッドトポロジ * を選択します。

  2. 「 * _ アーカイブノード _ * > * ARC * > * ターゲット * 」を選択します。

  3. * Configuration * > * Main * を選択します。

  4. Maximum Retrieve Sessions を Number of Sessions に示されている同時セッション数と同じ数に変更します

  5. 最大ストアセッション数を 0 に変更します。

    注記 アーカイブノードが読み取り専用の場合、最大ストアセッション数を 0 に変更する必要はありません。ストアセッションは作成されません。
  6. 「 * 変更を適用する * 」を選択します。