日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

トラフィック分類ポリシーを管理します

寄稿者

サービス品質( QoS )サービスを強化するために、トラフィック分類ポリシーを作成して、さまざまなタイプのネットワークトラフィックを識別および監視できます。これらのポリシーは、トラフィックの制限と監視に役立ちます。

トラフィック分類ポリシーは、ゲートウェイノードおよび管理ノードの StorageGRID ロードバランササービス上のエンドポイントに適用されます。トラフィック分類ポリシーを作成するには、ロードバランサエンドポイントを作成しておく必要があります。

ルールとオプションの制限を照合します

各トラフィック分類ポリシーには、次のエンティティに関連するネットワークトラフィックを識別する 1 つ以上の一致ルールが含まれています。

  • バケット

  • テナント

  • サブネット(クライアントを含む IPv4 サブネット)

  • エンドポイント(ロードバランサエンドポイント)

StorageGRID は、ルールの目的に応じて、ポリシー内のルールに一致するトラフィックを監視します。ポリシーのルールに一致するトラフィックは、そのポリシーによって処理されます。逆に、指定されたエンティティを除くすべてのトラフィックを照合するルールを設定できます。

必要に応じて、次のパラメータに基づいてポリシーの制限を設定できます。

  • 総帯域幅

  • 総帯域幅アウト

  • 同時読み取り要求

  • 同時書き込み要求

  • での要求ごとの帯域幅

  • 要求ごとの帯域幅アウト

  • 読み取り要求レート

  • 書き込み要求の速度

注記 ポリシーを作成して、アグリゲートの帯域幅を制限したり、要求ごとの帯域幅を制限したりできます。ただし、 StorageGRID では、両方のタイプの帯域幅を同時に制限することはできません。アグリゲートの帯域幅の制限により、制限のないトラフィックにパフォーマンスが若干低下する可能性があります。

トラフィック制限

トラフィック分類ポリシーを作成した場合、設定したルールのタイプと制限に従ってトラフィックを制限できます。集約または要求ごとの帯域幅制限の場合、要求は、設定したレートでストリームインまたはアウトされます。StorageGRID では 1 つの速度しか適用できないため、最も特定のポリシーがマッチするのはマッチャーのタイプです。それ以外のすべての制限タイプでは、クライアント要求は 250 ミリ秒遅延し、一致するポリシー制限を超える要求に対しては 503 スローダウン応答を受信します。

Grid Manager では、トラフィックチャートを表示して、ポリシーが想定したトラフィック制限を適用していることを確認できます。

SLA でトラフィック分類ポリシーを使用する

トラフィック分類ポリシーを容量制限およびデータ保護とともに使用して、容量、データ保護、およびパフォーマンスに固有のサービスレベル契約( SLA )を適用できます。

トラフィック分類の制限は、ロードバランサごとに実装されます。複数のロードバランサに同時にトラフィックが分散されている場合、合計最大速度は指定した速度制限の倍数になります。

次の例は、 SLA の 3 つの階層を示しています。トラフィック分類ポリシーを作成して、各 SLA 層のパフォーマンス目標を達成できます。

サービスレベル階層 容量 データ保護 パフォーマンス コスト

ゴールド

1 PB のストレージを使用できます

3 コピーの ILM ルール

25 、 000 要求 / 秒

5 GB/ 秒( 40 Gbps )の帯域幅

$$/ 月

シルバー

250 TB のストレージを使用できます

2 コピーの ILM ルール

10 K 要求 / 秒

1.25 GB/ 秒( 10 Gbps )の帯域幅

$/ 月

ブロンズ

100TB のストレージを使用できます

2 コピーの ILM ルール

5 、 000 要求 / 秒

1 GB/ 秒( 8 Gbps )の帯域幅

月あたりのコスト