日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

シングルサインオンの使用要件

寄稿者

StorageGRID システムでシングルサインオン( SSO )を有効にする前に、このセクションの要件を確認してください。

アイデンティティプロバイダの要件

StorageGRID では、次の SSO アイデンティティプロバイダ( IdP )をサポートしています。

  • Active Directory フェデレーションサービス( AD FS )

  • Azure Active Directory ( Azure AD )

  • PingFederate

SSO アイデンティティプロバイダを設定する前に、 StorageGRID システムのアイデンティティフェデレーションを設定する必要があります。アイデンティティフェデレーションに使用する LDAP サービスのタイプによって、実装できる SSO のタイプが制御されます。

LDAP サービスタイプが設定されました SSO アイデンティティプロバイダのオプション

Active Directory

  • Active Directory

  • Azure

  • PingFederate

Azure

Azure

AD FS の要件

次のいずれかのバージョンの AD FS を使用できます。

  • Windows Server 2022 AD FS

  • Windows Server 2019 AD FS

  • Windows Server 2016 AD FS

注記 Windows Server 2016 でが使用されている必要があります "KB3201845 の更新プログラム"またはそれ以上。
  • AD FS 3.0 ( Windows Server 2012 R2 Update 以降に付属)。

その他の要件

  • Transport Layer Security ( TLS ) 1.2 または 1.3

  • Microsoft .NET Framework バージョン 3.5.1 以降

サーバ証明書の要件

デフォルトでは、 StorageGRID は各管理ノード上の管理インターフェイス証明書を使用して、 Grid Manager 、テナントマネージャ、グリッド管理 API 、およびテナント管理 API へのアクセスを保護します。StorageGRID 用の証明書利用者信頼( AD FS )、エンタープライズアプリケーション( Azure )、またはサービスプロバイダ接続( PingFederate )を設定するときは、 StorageGRID 要求の署名証明書としてサーバ証明書を使用します。

まだお持ちでない場合は 管理インターフェイス用のカスタム証明書を設定しましたでは、今すぐ実行してください。インストールしたカスタムサーバ証明書はすべての管理ノードで使用され、すべての StorageGRID 証明書利用者信頼、エンタープライズアプリケーション、または SP 接続で使用できます。

注記 管理ノードのデフォルトサーバ証明書を証明書利用者信頼、エンタープライズアプリケーション、または SP 接続で使用することは推奨されません。ノードに障害が発生した場合にそのノードをリカバリすると、新しいデフォルトサーバ証明書が生成されます。リカバリしたノードにサインインするには、証明書利用者信頼、エンタープライズアプリケーション、または SP 接続を新しい証明書で更新する必要があります。

管理ノードのサーバ証明書にアクセスするには、ノードのコマンドシェルにログインし、「 /var/local/mgmt-api 」ディレクトリに移動します。カスタムサーバ証明書の名前は「 custom-server.crt 」です。ノードのデフォルトのサーバ証明書の名前は 'server.crt' です

ポート要件

シングルサインオン( SSO )は、制限された Grid Manager ポートまたは Tenant Manager ポートでは使用できません。ユーザをシングルサインオンで認証する場合は、デフォルトの HTTPS ポート( 443 )を使用する必要があります。を参照してください ファイアウォールによるアクセスの制御