日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

優先送信者を選択します

寄稿者

StorageGRID 環境に複数の管理ノードが含まれている場合は、通知の優先送信者となる管理ノードを選択できます。デフォルトでは、プライマリ管理ノードが選択されますが、任意の管理ノードを優先送信者にすることができます。

必要なもの

設定 * > * System * > * Display options * ページには、現在優先送信者として選択されている管理ノードが表示されます。デフォルトでは、プライマリ管理ノードが選択されます。

通常のシステム運用では、優先送信者のみが次の通知を送信します。

  • AutoSupport メッセージ

  • SNMP 通知

  • アラート E メール

  • アラーム E メール(レガシーシステム)

ただし、他のすべての管理ノード(スタンバイ送信者)が優先送信者を監視します。問題が検出された場合は、スタンバイ送信者もこれらの通知を送信できます。

次の場合、優先送信者とスタンバイ送信者の両方が通知を送信することがあります。

  • 管理ノードどうしが「孤立した」状態になると、優先送信者とスタンバイ送信者の両方が通知の送信を試み、通知が重複して届く可能性があります。

  • スタンバイ送信者が優先送信者に関する問題を検出して通知の送信を開始したあとで、優先送信者が通知を再び送信できるようになることがあります。この場合、重複する通知が送信される可能性があります。優先送信者に関するエラーが検出されなくなると、スタンバイ送信者は通知の送信を停止します。

注記 アラーム通知と AutoSupport メッセージをテストするときは、すべての管理ノードからテスト E メールが送信されます。アラート通知をテストするときは、すべての管理ノードにサインインして接続を確認する必要があります。
手順
  1. * 設定 * > * システム * > * 表示オプション * を選択します。

  2. [ 表示オプション ] メニューから、 [ * オプション * ] を選択します。

  3. 優先送信者として設定する管理ノードをドロップダウンリストから選択します。

    オプションページを表示します
  4. 「 * 変更を適用する * 」を選択します。

    管理ノードが通知の優先送信者として設定されます。