日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

Summary :クライアント接続の IP アドレスとポート

寄稿者

クライアントアプリケーションは、グリッドノードの IP アドレスおよびそのノード上のサービスのポート番号を使用して StorageGRID に接続できます。ハイアベイラビリティ( HA )グループが設定されている場合は、 HA グループの仮想 IP アドレスを使用してクライアントアプリケーションを接続できます。

次の表に、クライアントが StorageGRID に接続できるさまざまな方法、および接続のタイプごとに使用される IP アドレスとポートを示します。以下の手順では、ロードバランサエンドポイントとハイアベイラビリティ( HA )グループがすでに設定されている場合に Grid Manager でこの情報を検索する方法について説明します。

接続が確立される場所 クライアントが接続するサービス IP アドレス ポート

HA グループ

ロードバランサ

HA グループの仮想 IP アドレス

  • ロードバランサエンドポイントのポート

HA グループ

CLB の機能です

  • 注: * CLB サービスは廃止されました。

HA グループの仮想 IP アドレス

デフォルトの S3 ポート:

  • HTTPS : 8082

  • HTTP : 8084

デフォルトの Swift ポート:

  • HTTPS : 8083

  • HTTP : 8085

管理ノード

ロードバランサ

管理ノードの IP アドレス

  • ロードバランサエンドポイントのポート

ゲートウェイノード

ロードバランサ

ゲートウェイノードの IP アドレス

  • ロードバランサエンドポイントのポート

ゲートウェイノード

CLB の機能です

  • 注: * CLB サービスは廃止されました。

ゲートウェイノードの IP アドレス

  • 注:デフォルトでは、 CLB および LDR の HTTP ポートは有効になっていません。

デフォルトの S3 ポート:

  • HTTPS : 8082

  • HTTP : 8084

デフォルトの Swift ポート:

  • HTTPS : 8083

  • HTTP : 8085

ストレージノード

LDR

ストレージノードの IP アドレス

デフォルトの S3 ポート:

  • HTTPS : 18082

  • HTTP : 18084

デフォルトの Swift ポート:

  • HTTPS : 18083

  • HTTP : 18085

ゲートウェイノードの HA グループのロードバランサエンドポイントに S3 クライアントを接続するには、次のように構造化された URL を使用します。

  • https://VIP-of-HA-group:LB-endpoint-port`

たとえば、 HA グループの仮想 IP アドレスが 192.0.2.5 で S3 ロードバランサエンドポイントのポート番号が 10443 の場合、 S3 クライアントは次の URL を使用して StorageGRID に接続できます。

Swift クライアントをゲートウェイノードの HA グループのロードバランサエンドポイントに接続するには、次のように構造化された URL を使用します。

  • https://VIP-of-HA-group:LB-endpoint-port`

たとえば、 HA グループの仮想 IP アドレスが 192.0.2.6 で、 Swift ロードバランサエンドポイントのポート番号が 10444 の場合、 Swift クライアントは次の URL を使用して StorageGRID に接続できます。

クライアントが StorageGRID への接続に使用する IP アドレスに DNS 名を設定できます。ローカルネットワーク管理者にお問い合わせください。

手順
  1. を使用して Grid Manager にサインインします サポートされている Web ブラウザ

  2. グリッドノードの IP アドレスを確認するには、次の手順を実行します。

    1. [* nodes (ノード) ] を選択します

    2. 接続する管理ノード、ゲートウェイノード、またはストレージノードを選択します。

    3. [* Overview * (概要 * ) ] タブを選択します。

    4. Node Information セクションで、ノードの IP アドレスを確認します。

    5. IPv6 アドレスとインターフェイスマッピングを表示するには、 * Show More * を選択します。

      クライアントアプリケーションから、リスト内の任意の IP アドレスへの接続を確立できます。

      • * eth0 : * グリッドネットワーク

      • * eth1 : * 管理ネットワーク(オプション)

      • * eth2 : * クライアントネットワーク(オプション)

        注記 表示されている管理ノードまたはゲートウェイノードがハイアベイラビリティグループのアクティブノードである場合は、 HA グループの仮想 IP アドレスが eth2 に表示されます。
  3. ハイアベイラビリティグループの仮想 IP アドレスを検索するには、次の手順を実行します。

    1. 構成 * > * ネットワーク * > * ハイアベイラビリティグループ * を選択します。

    2. HA グループの仮想 IP アドレスを表で確認します。

  4. ロードバランサエンドポイントのポート番号を確認するには、次の手順を実行します。

    1. [ * configuration * > * Network * > * Load Balancer Endpoints * ] を選択します。

      Load Balancer Endpoints ページが表示され、設定済みのエンドポイントのリストが表示されます。

    2. エンドポイントを選択し、 * エンドポイントの編集 * を選択します。

      [Edit Endpoint] ウィンドウが開き、エンドポイントに関する追加の詳細が表示されます。

    3. 選択したエンドポイントが正しいプロトコル( S3 または Swift )で使用するように設定されていることを確認し、 * Cancel * を選択します。

    4. クライアント接続に使用するエンドポイントのポート番号をメモします。

      注記 ポート番号が 80 または 443 の場合は、管理ノードで予約されているため、エンドポイントはゲートウェイノードにのみ設定されます。それ以外のポートはすべて、ゲートウェイノードと管理ノードの両方に設定されます。