日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

NFS 監査の統合を確認

寄稿者

監査共有を設定して NFS 監査クライアントを追加したら、監査クライアント共有をマウントし、監査共有のファイルにアクセスできることを確認します。

手順
  1. AMS サービスをホストしている管理ノードのクライアント側 IP アドレスを使用して、接続(またはクライアントシステムでの操作)を検証します。「 ping ip_address 」と入力します

    サーバが応答して接続を示していることを確認します。

  2. クライアントのオペレーティングシステムに適したコマンドを使用して、読み取り専用の監査共有をマウントします。Linux コマンドの例は次のとおりです( 1 行で入力します)。

    「 mount -t nfs -o hard 、 intr_Admin_Node_IP_address_:/var/local/audit/export_myAudit_ 」

    AMS サービスをホストしている管理ノードの IP アドレスと、監査システムの事前定義された共有名を使用します。マウントポイントには ' クライアントが選択した任意の名前を使用できます ( 前のコマンドでは 'myAudit' など )

  3. 監査共有のファイルにアクセスできることを確認します。「 ls myAudit /*' 」と入力します

    ここで 'myAudit は監査共有のマウントポイントです少なくとも 1 つのログファイルが表示されている必要があります。