日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

ストレージボリュームのウォーターマークとは何ですか?

StorageGRID では、ストレージボリュームのウォーターマークを 3 つ使用して、スペースの深刻な低下を発生させる前にストレージノードを読み取り専用状態に安全に移行し、読み取り専用状態に移行して再び読み取り / 書き込み可能にすることができます。

ストレージボリュームのウォーターマーク
注記 ストレージボリュームのウォーターマークは、レプリケートオブジェクトデータとイレイジャーコーディングオブジェクトデータに使用されるスペースにのみ適用されます。ボリューム 0 でオブジェクトメタデータ用にリザーブされているスペースについては、を参照してくださいオブジェクトメタデータストレージを管理する

Soft Read-Only Watermark とは何ですか?

Storage Volume Soft Read-Only Watermark * は、オブジェクトデータに使用可能なストレージノードのスペースがフルに近づいていることを示す最初のウォーターマークです。

ストレージノード内の各ボリュームの空きスペースがそのボリュームの Soft Read ‐ Only Watermark より少ない場合、ストレージノードは _read-only mode_に 移行します。読み取り専用モードでは、ストレージノードは StorageGRID システムの他の要素にサービスが読み取り専用であることをアドバタイズしますが、保留中の書き込み要求はすべて実行します。

たとえば、ストレージノード内の各ボリュームにソフト読み取り専用の Watermark が 10GB の場合、各ボリュームの空きスペースが 10GB 未満になると、ストレージノードはソフト読み取り専用モードに移行します。

Hard Read-Only Watermark とは何ですか?

Storage Volume Hard Read-Only Watermark * は、オブジェクトデータに使用可能なノードのスペースがフルに近づいていることを示す 2 つ目のウォーターマークです。

ボリュームの空きスペースがそのボリュームのハード読み取り専用ウォーターマークよりも小さい場合、ボリュームへの書き込みは失敗します。ただし、他のボリュームへの書き込みは、それらのボリュームの空きスペースがハード読み取り専用のウォーターマークよりも少なくなるまで続行できます。

たとえば、ストレージノード内の各ボリュームに Hard Read-Only Watermark が 5GB の状態であるとします。各ボリュームの空きスペースが 5GB 未満になると、ストレージノードは書き込み要求を受け付けなくなります。

Hard Read-Only Watermark は、常に Soft Read-Only Watermark より小さくなります。

Read-Write Watermark とは何ですか

読み取り専用モードに移行した * Storage Volume Read-Write Watermark * 専用環境 ストレージノード。また、ノードが再度読み取り / 書き込み可能になるタイミングを決定します。ストレージノード内のいずれかのストレージボリュームの空きスペースがそのボリュームの Read-Write Watermark より大きい場合、ノードは自動的に読み取り / 書き込み状態に戻ります。

たとえば、ストレージノードが読み取り専用モードに移行したとします。また、各ボリュームの Read-Write Watermark が 30GB であるとします。ボリュームの空きスペースが 30GB に増えると、そのノードは再び読み取り / 書き込み可能になります。

Read-Write Watermark は、 Soft Read-Only Watermark および Hard Read-Only Watermark より常に大きくなります。

ストレージボリュームのウォーターマークを表示する

現在のウォーターマーク設定とシステムに最適化された値を表示できます。最適化されたウォーターマークが使用されていない場合は、設定を調整できるかどうかを判断できます。

必要なもの
  • StorageGRID 11.6 へのアップグレードが完了しました。

  • を使用して Grid Manager にサインインします サポートされている Web ブラウザ

  • Root アクセス権限が割り当てられている。

現在の透かし設定を表示します

Grid Manager で、現在のストレージのウォーターマーク設定を表示できます。

手順
  1. * 設定 * > * システム * > * ストレージ・オプション * を選択します。

  2. [ ストレージ・ウォーターマーク ] セクションで '3 つのストレージ・ボリュームのウォーターマークの上書きに関する設定を確認します

    ストレージボリュームのウォーターマークが無効になります
    • ウォーターマークの上書きが * 0 * の場合、 3 つのウォーターマークはすべてストレージノードのサイズとボリュームの相対容量に基づいて、各ストレージノード上の各ストレージボリュームに対して最適化されます。

      これがデフォルトで推奨される設定です。これらの値は更新しないでください。必要に応じて、を実行できます [View optimized storage watermarks]

    • ウォーターマークの上書きが 0 以外の値の場合は ' カスタム ( 最適化されていない ) ウォーターマークが使用されますカスタム透かし設定の使用はお勧めしません。の手順を使用します ロー読み取り専用のウォーターマーク上書きアラートのトラブルシューティング 設定を調整できるかどうかを判断するには、次の手順に従います。

最適化されたストレージウォーターマークを表示する

StorageGRID は、 2 つの Prometheus 指標を使用して、 * Storage Volume Soft Read-Only Watermark * に対して計算された最適値を表示します。グリッド内の各ストレージノードの最適化された最小値と最大値を表示できます。

  1. [support>] 、 [*Tools] 、 [*Metrics] の順に選択します。

  2. Prometheus セクションで、 Prometheus ユーザインターフェイスへのリンクを選択します。

  3. 推奨されるソフト読み取り専用の最小ウォーターマークを確認するには、次の Prometheus 指標を入力し、 * Execute * を選択します。

    'storagegrid_storage_volume_minimum_optimized_soft_readonly_watermark

    最後の列には、各ストレージノード上のすべてのストレージボリュームに対して Soft Read-Only Watermark の最小最適値が表示されます。この値が * Storage Volume Soft Read ‐ Only Watermark * のカスタム設定より大きい場合、ストレージノードに対して * Low read-only watermark override * アラートがトリガーされます。

  4. 推奨されるソフト読み取り専用の最大ウォーターマークを確認するには、次の Prometheus 指標を入力し、 * Execute * を選択します。

    'storagegrid_storage_volume_maximum_optimized_soft_readonly_watermark

    最後の列には、各ストレージノード上のすべてのストレージボリュームに対して Soft Read-Only Watermark の最大最適値が表示されます。