日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

CBSE :オブジェクト送信終了

寄稿者

このメッセージは、あるノードから別のノードへのコンテンツブロックの転送が完了したときに転送元のエンティティによって生成されます。

コード フィールド 説明

CNID

接続識別子

ノード間のセッション / 接続の一意の識別子。

CBID

Content Block Identifier の略

転送されるコンテンツブロックの一意の識別子。

CTDR

転送方向( Transfer Direction )

CBID 転送がプッシュで開始されたかプルで開始されたかを示します。

PUSH :転送処理は送信側エンティティによって要求されました。

PULL :転送処理は受信側エンティティによって要求されました。

CTSR

ソースエンティティ

CBID 転送のソース(送信側)のノード ID 。

CTD

デスティネーションエンティティ

CBID 転送のデスティネーション(受信側)のノード ID 。

CTSS

開始シーケンスカウント( Start Sequence Count )

転送が開始されたシーケンスカウントを示します。

CTA

実際の終了シーケンス数

転送に成功した最後のシーケンスカウントを示します。実際の終了シーケンスカウントが開始シーケンスカウントと同じで、転送結果が成功しなかった場合、データは交換されませんでした。

RSLT

転送結果

(送信側エンティティから見た)転送処理の結果:

SUCS :転送が正常に完了しました。要求されたすべてのシーケンスカウントが送信されました。

CONL :転送中に接続が失われました

CTMO :接続の確立中または転送中に接続がタイムアウトしました

UNRE :デスティネーションノード ID に到達できません

CRPT :破損または無効なデータを受信したため、転送が終了しました(改ざんの可能性があります)。

この監査メッセージは、ノード間のデータ転送処理が完了したことを意味します。転送結果が成功した場合は、「 Start Sequence Count 」から「 Actual End Sequence Count 」にデータが転送されます。送信側と受信側のノードは、ノード ID によって識別されます。この情報を使用すると、システムのデータフローを追跡し、エラーを検出、集計、分析できます。ストレージ監査メッセージと組み合わせれば、レプリカ数の検証にも使用できます。