日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

ETAF :セキュリティ認証に失敗しました

寄稿者

このメッセージは、 Transport Layer Security ( TLS )を使用した接続試行が失敗した場合に生成されます。

コード フィールド 説明

CNID

接続識別子

認証が失敗した TCP / IP 接続の一意のシステム識別子。

RUID

ユーザ ID

リモートユーザの ID を表すサービスに依存する識別子。

RSLT

理由コード

失敗の理由:

SCNI :セキュアな接続を確立できませんでした。

CERM :証明書がありません。

CERT :証明書が無効です。

CERE :証明書が期限切れです。

CERR :証明書が取り消されています。

CSGN :証明書の署名が無効です。

CSGU :証明書の署名者が不明です。

UCRM :ユーザクレデンシャルがありません。

UCRI :ユーザクレデンシャルが無効です。

UCRU :ユーザのクレデンシャルが拒否されました。

TOUT :認証がタイムアウトしました。

TLS を使用するセキュアなサービスへの接続が確立されると、サービスに組み込まれている TLS プロファイルおよびその他のロジックを使用してリモートエンティティのクレデンシャルが検証されます。無効、想定外、許可されていない証明書またはクレデンシャルが原因でこの認証が失敗すると、監査メッセージがログに記録されます。これにより、不正アクセスやその他のセキュリティ関連の接続問題を照会できます。

このメッセージは、リモートエンティティの設定が正しくない場合や、無効または許可されていないクレデンシャルをシステムに提示しようとした場合に生成されることがあります。この監査メッセージを監視して、システムへの不正なアクセス試行を検出する必要があります。