日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

GTSU : Grid タスクが送信されました

寄稿者

この監査メッセージは、グリッドタスクが CMN サービスに送信されたことを示します。

コード フィールド 説明

TSID

タスク ID

生成されたグリッドタスクを一意に識別し、タスクをライフサイクル全体にわたって管理できるようにします。

  • 注: * タスク ID は、グリッドタスクが送信された時点ではなく、生成された時点で割り当てられます。特定のグリッドタスクを複数回送信することができます。この場合、送信済み、開始、および終了の監査メッセージを一意にリンクするためのタスク ID フィールドでは不十分です。

ttyp

タスクタイプ( Task Type )

グリッドタスクのタイプ。

Tver

タスクバージョン

グリッドタスクのバージョンを示す番号。

TDSC

Task 概要 の略

グリッドタスクの判読可能な概要 。

付加価値を提供します

タイムスタンプ後の有効な値

グリッドタスクの有効期間の開始時間( UNIX 時間 1970 年 1 月 1 日からの UINT64 マイクロ秒数)。

VBTS

タイムスタンプの前に有効です

グリッドタスクの有効期間の終了時間( UNIX 時間 1970 年 1 月 1 日からの UINT64 マイクロ秒数)。

TsRC

ソース

タスクのソース:

  • TXTB :グリッドタスクは、 StorageGRID システム経由で署名付きテキストブロックとして送信されました。

  • GRID :グリッドタスクは、内部の Grid Task Submission サービス経由で送信されました。

ACTV

アクティベーションタイプ

アクティブ化のタイプ:

  • Auto :グリッドタスクは自動でアクティブ化されます。

  • PEND :グリッドタスクは Pending テーブルに追加されました。TXTB ソースの場合はこのタイプのみです。

RSLT

結果

送信結果:

  • SUCS :グリッドタスクは正常に送信されました。

  • FAIL :タスクは Historical テーブルに直接移動されました。