日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

IDEL : ILM Initiated Delete

寄稿者

このメッセージは、 ILM によってオブジェクトを削除する処理が開始された場合に生成されます。

IDEL メッセージは、次のいずれかの状況で生成されます。

  • * 準拠 S3 バケット内のオブジェクト * :このメッセージは、保持期間が経過したために ILM によってオブジェクトの自動削除処理が開始された場合に生成されます(自動削除設定が有効になっていて、リーガルホールドがオフの場合)。

  • * 非準拠 S3 バケットまたは Swift コンテナ内のオブジェクト * 。このメッセージは、現在オブジェクトに適用される配置手順がアクティブな ILM ポリシーにないために、オブジェクトを削除する処理が ILM によって開始された場合に生成されます。

コード フィールド 説明

CBID

Content Block Identifier の略

オブジェクトの CBID 。

CMPA

準拠:自動削除

準拠 S3 バケット内のオブジェクトのみが対象。0 ( false )または 1 ( true )。バケットがリーガルホールドの対象である場合を除き、保持期間の終了時に準拠オブジェクトを自動的に削除するかどうかを示します。

テンプレート

コンプライアンス:リーガルホールド

準拠 S3 バケット内のオブジェクトのみが対象。0 ( false )または 1 ( true )。バケットが現在リーガルホールドの対象であるかどうかを示します。

CMPR

準拠:保持期間

準拠 S3 バケット内のオブジェクトのみが対象。オブジェクトの保持期間の長さ(分)。

CTME

準拠:取り込み時間

準拠 S3 バケット内のオブジェクトのみが対象。オブジェクトの取り込み時間。この値に保持期間を分単位で追加することで、オブジェクトをバケットから削除できるタイミングを判断できます。

dmrk

マーカーバージョン ID を削除します

バージョン管理されたバケットからオブジェクトを削除するときに作成された削除マーカーのバージョン ID 。バケットに対する処理ではこのフィールドは記録されません。

CSIZ

コンテンツのサイズ

オブジェクトのサイズ(バイト単位)。

LOCS

ロケーション

StorageGRID システム内のオブジェクトデータの格納場所。オブジェクトに場所がない場合(削除されている場合など)、 LOCS の値は "" です。

CLEC :イレイジャーコーディングされたオブジェクトの場合、オブジェクトのデータに適用されているイレイジャーコーディングプロファイル ID とイレイジャーコーディンググループ ID 。

CLDI :レプリケートされたオブジェクトの場合、オブジェクトの場所の LDR ノード ID とボリューム ID 。

CLNL :オブジェクトデータがアーカイブされている場合は、オブジェクトの場所の ARC ノード ID 。

パス

S3 バケット / キーまたは Swift コンテナ / オブジェクト ID

S3 バケット名と S3 キー名、または Swift コンテナ名と Swift オブジェクト識別子。

RSLT

結果

ILM 処理の結果。

SUCS : ILM 処理が成功しました。

ルール

ルールラベル( Rules Label )

  • 保持期間が経過したために準拠 S3 バケット内のオブジェクトが自動的に削除されている場合、このフィールドは空白になります。

  • 現在オブジェクトに適用される配置手順がないためにオブジェクトが削除されている場合、このフィールドには、オブジェクトに適用された最後の ILM ルールの判読可能なラベルが表示されます。

SgRP

サイト(グループ)

オブジェクトが存在する場合は、指定したサイトで削除されています。このサイトは、オブジェクトが取り込まれたサイトではありません。

UUID

Universally Unique Identifier の略

StorageGRID システム内でのオブジェクトの識別子。

VSID

バージョン ID

削除されたオブジェクトの特定のバージョンのバージョン ID 。バージョン管理されていないバケット内のバケットやオブジェクトに対する処理には、このフィールドは含まれません。