日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

LLST :ロケーションが失われました

寄稿者

このメッセージは、オブジェクトをコピー(レプリケートまたはイレイジャーコーディング)する場所が見つからない場合に生成されます。

コード フィールド 説明

CBIL

CBID

影響を受ける CBID 。

NOID

ソースノード ID

場所が失われたノード ID 。

UUID

Universally Unique ID の略

StorageGRID システムでの該当オブジェクトの識別子。

ECPR

イレイジャーコーディングプロファイル

イレイジャーコーディングされたオブジェクトデータ用。使用されているイレイジャーコーディングプロファイルの ID です。

LTYP

保管場所タイプ

CLDI ( Online ):レプリケートされたオブジェクトデータ用

CLEC ( Online ):イレイジャーコーディングされたオブジェクトデータ用

CLNL ( Nearline ):アーカイブされたレプリケートオブジェクトデータ用

PCLD

レプリケートオブジェクトへのパス

損失オブジェクトデータのディスクの場所への完全なパス。LTYP の値が CLDI (つまりレプリケートオブジェクトの場合)の場合にのみ返されます。

/var/local/rangedb/2/p/13/13/00oJs6X% { h { u ) SeUFxE@ の形式をとります

RSLT

結果

常に NONE 。RSLT は必須のメッセージフィールドですが、このメッセージには該当しません。このメッセージがフィルタリングされないように、 SUCS ではなく NONE が使用されます。

TsRC

トリガ元

USER :ユーザがトリガーしました

SYST :システムがトリガーされました