日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

ORLM :オブジェクトルールが満たされています

寄稿者

このメッセージは、 ILM ルールで指定されたとおりにオブジェクトが格納およびコピーされた場合に生成されます。

注記 ORLM メッセージは、ポリシー内の別のルールで高度なフィルタ「オブジェクトサイズ」が使用されている場合に、オブジェクトがデフォルトの Make 2 Copies ルールによって格納されたときには生成されません。
コード フィールド 説明

bUID

バケットヘッダー

バケット ID フィールド。内部処理に使用されます。STAT が PRGD の場合にのみ表示されます。

CBID

Content Block Identifier の略

オブジェクトの CBID 。

CSIZ

コンテンツのサイズ

オブジェクトのサイズ(バイト単位)。

LOCS

ロケーション

StorageGRID システム内のオブジェクトデータの格納場所。オブジェクトに場所がない場合(削除されている場合など)、 LOCS の値は "" です。

CLEC :イレイジャーコーディングされたオブジェクトの場合、オブジェクトのデータに適用されているイレイジャーコーディングプロファイル ID とイレイジャーコーディンググループ ID 。

CLDI :レプリケートされたオブジェクトの場合、オブジェクトの場所の LDR ノード ID とボリューム ID 。

CLNL :オブジェクトデータがアーカイブされている場合は、オブジェクトの場所の ARC ノード ID 。

パス

S3 バケット / キーまたは Swift コンテナ / オブジェクト ID

S3 バケット名と S3 キー名、または Swift コンテナ名と Swift オブジェクト識別子。

RSLT

結果

ILM 処理の結果。

SUCS : ILM 処理が成功しました。

ルール

ルールラベル( Rules Label )

このオブジェクトに適用されている ILM ルールの判読可能なラベル。

SEGC

コンテナ UUID

セグメント化されたオブジェクトのコンテナの UUID 。この値は、オブジェクトがセグメント化されている場合にのみ使用できます。

SGCB

コンテナの CBID

セグメント化されたオブジェクトのコンテナの CBID 。この値はセグメント化されたオブジェクトとマルチパートオブジェクトに対してのみ使用できます。

統計

ステータス

ILM 処理のステータス。

DONE :オブジェクトに対する ILM 処理が完了しました。

DFER : ILM によって再評価されるようオブジェクトがマークされました。

PRGD :オブジェクトが StorageGRID システムから削除されました。

NLOC :オブジェクトデータを StorageGRID システムで検出できなくなります。このステータスは、オブジェクトデータのすべてのコピーが欠落または破損していることを示している可能性があります。

UUID

Universally Unique Identifier の略

StorageGRID システム内でのオブジェクトの識別子。

ORLM 監査メッセージは、 1 つのオブジェクトに対して複数回生成でき、たとえば、次のいずれかのイベントが発生するたびに発行されます。

  • オブジェクトが対応する ILM ルールを無期限に満たしたとき。

  • オブジェクトが対応する ILM ルールを一時的に満たしたとき。

  • オブジェクトが ILM ルールによって削除されたとき。

  • バックグラウンド検証プロセスにより、レプリケートされたオブジェクトデータのコピーが破損していることが検出されたとき。StorageGRID システムは、破損したオブジェクトを交換するために ILM 評価を実行します。