日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

テクニカルサポートにお問い合わせください

寄稿者

グリッド拡張プロセスで解決できないエラーが発生した場合やグリッドタスクに失敗した場合は、テクニカルサポートにお問い合わせください。

テクニカルサポートにお問い合わせいただく際は、発生したエラーのトラブルシューティングに必要なログファイルをお送りください。

手順
  1. 障害が発生した拡張ノードに接続します。

    1. 次のコマンドを入力します。「 ssh -p 8022 admin@_grid_node_name 」

      注記 ポート 8022 はベース OS の SSH ポートで、ポート 22 は StorageGRID を実行しているコンテナエンジンの SSH ポートです。
    2. 「 passwords.txt 」ファイルに記載されたパスワードを入力します。

    3. root に切り替えるには、次のコマンドを入力します

    4. 「 passwords.txt 」ファイルに記載されたパスワードを入力します。

    root としてログインすると、プロンプトは「 $` 」から「 #」 に変わります。

  2. インストールの段階に応じて、グリッドノードから次のいずれかのログを取得します。

    プラットフォーム ログ

    VMware

    • /var/log/daemon.log

    • /var/log/storagegrid/daemon.log

    • /var/log/storagegrid/nodes/ <node-name> .log の形式で指定します

    Linux の場合

    • /var/log/storagegrid/daemon.log

    • `/etc/storagegrid/nodes/ <node-name>.conf ( 障害が発生した各ノード )

    • /var/log/storagegrid/nodes/ <node-name> .log (障害が発生した各ノードに対して。存在しない場合があります)