日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

監査ログをコピーする

寄稿者

拡張手順 を使用して新しい管理ノードを追加した場合、その AMS サービスでログに記録されるのは、システムへの追加後に発生したイベントと処理のみになります。必要に応じて、先にインストールされていた管理ノードから新しい拡張管理ノードに監査ログをコピーして、残りの StorageGRID システムと同期されるようにすることができます。

必要なもの
  • 管理ノードを追加する拡張手順が完了している必要があります。

  • 「 passwords.txt 」ファイルがあります。

新しい管理ノードで監査メッセージの履歴を確認できるようにするには、既存の管理ノードから拡張管理ノードに監査ログファイルを手動でコピーする必要があります。

注記

デフォルトでは、監査情報は管理ノードの監査ログに送信されます。次のいずれかに該当する場合は、これらの手順をスキップしてかまいません。

  • 外部 syslog サーバを設定し、管理ノードではなく syslog サーバに監査ログを送信するようになりました。

  • 監査メッセージを生成したローカルノードにのみ保存するように明示的に指定します。

を参照してください 監査メッセージとログの送信先を設定します を参照してください。

手順
  1. プライマリ管理ノードにログインします。

    1. 次のコマンドを入力します。「 ssh_admin@primary_Admin_Node_IP`

    2. 「 passwords.txt 」ファイルに記載されたパスワードを入力します。

    3. root に切り替えるには、次のコマンドを入力します

    4. 「 passwords.txt 」ファイルに記載されたパスワードを入力します。

      root としてログインすると、プロンプトは「 $` 」から「 #」 に変わります。

  2. AMS サービスを停止して、新しいファイル「 service AMS stop 」が作成されないようにします

  3. 「 audit.log 」ファイルの名前を変更して、コピー先の拡張管理ノードでファイルが上書きされないようにします。

    cd /var/local/audit/export +`ls -l+mv audit.log _new_name_txt`

  4. すべての監査ログファイルを拡張管理ノードにコピーします。

    scp-p *IP_address:/var/local/audit/export

  5. 「 /root/.ssh/id_rsa 」のパスフレーズを入力するように求められた場合は、「 passwords.txt 」ファイルにリストされているプライマリ管理ノードの SSH アクセスパスワードを入力します。

  6. 元の「 audit.log 」ファイルを復元します。

    mv new_name.txt audit.log

  7. AMS サービスを開始します。

    'service AMS start

  8. サーバからログアウトします。

    「 exit

  9. 拡張管理ノードにログインします。

    1. 次のコマンドを入力します。 ssh admin@expansion_Admin_Node_IP`

    2. 「 passwords.txt 」ファイルに記載されたパスワードを入力します。

    3. root に切り替えるには、次のコマンドを入力します

    4. 「 passwords.txt 」ファイルに記載されたパスワードを入力します。

      root としてログインすると、プロンプトは「 $` 」から「 #」 に変わります。

  10. 監査ログファイルのユーザとグループの設定を更新します。

    'cd /var/local/audit/export'+'chown ams-user:bycast*

  11. サーバからログアウトします。

    「 exit