日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

ストレージグレードを作成して割り当てます

寄稿者

ストレージグレードは、ストレージノードで使用されているストレージのタイプを表します。サイトのすべてのノードではなく、特定のストレージノードに特定のオブジェクトを配置するように ILM ルールを設定する場合は、ストレージグレードを作成します。たとえば、 StorageGRID オールフラッシュストレージアプライアンスなどの最速のストレージノードに特定のオブジェクトを格納できます。

必要なもの

複数のタイプのストレージを使用する場合は、各タイプを識別するストレージグレードを必要に応じて作成できます。ストレージグレードを作成すると、ストレージプールの構成時に特定のタイプのストレージノードを選択できるようになります。

ストレージグレードが重要でない場合(すべてのストレージノードが同じ場合など)は、この手順 をスキップし、ストレージプールの構成時にデフォルトのストレージグレードである All Storage Nodes を使用できます。

拡張で新しいストレージノードを追加すると、そのノードが「すべてのストレージノード」のデフォルトのストレージグレードに追加されます。その結果、次のようになります

  • 「 All Storage Nodes 」グレードのストレージプールを使用する ILM ルールの場合、拡張の完了後すぐに新しいノードを使用できます。

  • カスタムのストレージグレードを含むストレージプールを使用する ILM ルールの場合、以下に示すようにカスタムのストレージグレードをノードに手動で割り当てるまで新しいノードは使用されません。

注記 ストレージグレードは必要以上に作成しないでください。たとえば、ストレージノードごとにストレージグレードを作成するのではなく、各ストレージグレードを複数のノードに割り当てます。ストレージグレードを 1 つのノードにしか割り当てていない場合、そのノードが使用できなくなると原因 のバックログが発生する可能性があります。
手順
  1. ILM * > * ストレージグレード * を選択します。

  2. ストレージグレードを作成します。

    1. 定義する必要があるストレージグレードごとに、 * 挿入 * を選択します "[ 挿入 アイコン"] をクリックして行を追加し、ストレージグレードのラベルを入力します。

      デフォルトのストレージグレードは変更できません。StorageGRID システムの拡張時に追加される新しいストレージノード用に予約されています。

    [ ストレージグレード ] ページ
    1. 既存のストレージグレードを編集するには、 * 編集 * を選択します 編集アイコン をクリックし、必要に応じてラベルを変更します。

      注記 ストレージグレードを削除することはできません。
    2. 「 * 変更を適用する * 」を選択します。

      これで、ストレージグレードをストレージノードに割り当てることができます。

  3. ストレージノードにストレージグレードを割り当てます。

    1. 各ストレージノードの LDR サービスで、 * Edit * を選択します 編集アイコン をクリックし、リストからストレージグレードを選択します。

      [ ストレージグレード ] ページ
    重要 特定のストレージノードにストレージグレードを割り当てることができるのは 1 回だけです。障害からリカバリしたストレージノードでは、以前に割り当てられていたストレージグレードが維持されます。ILM ポリシーをアクティブ化したあとに、この割り当てを変更しないでください。割り当てが変更されると、新しいストレージグレードに基づいてデータが格納されます。
    1. 「 * 変更を適用する * 」を選択します。