日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

クラウドストレージプールを編集します

寄稿者

クラウドストレージプールを編集して、名前、サービスエンドポイント、またはその他の詳細を変更できます。ただし、クラウドストレージプールの S3 バケットまたは Azure コンテナを変更することはできません。

必要なもの
手順
  1. ILM * > * Storage pools * を選択します

    Storage Pools (ストレージプール)ページが表示されます。Cloud Storage Pools テーブルには、既存のクラウドストレージプールが表示されます。

    クラウドストレージプールページ
  2. 編集するクラウドストレージプールのラジオボタンを選択します。

  3. 「 * 編集 * 」を選択します。

  4. 必要に応じて、表示名、サービスエンドポイント、認証クレデンシャル、または証明書の検証方法を変更します。

    重要 クラウドストレージプールのプロバイダタイプ、 S3 バケット、 Azure コンテナを変更することはできません。

    以前にサーバ証明書またはクライアント証明書をアップロードした場合は、現在使用中の証明書を確認するために [ 現在の証明書を表示 ] を選択できます。

  5. [ 保存( Save ) ] を選択します。

    クラウドストレージプールを保存すると、バケットまたはコンテナとサービスエンドポイントが存在し、指定したクレデンシャルでそれらにアクセスできることが StorageGRID によって検証されます。

    クラウドストレージプールの検証が失敗すると、エラーメッセージが表示されます。たとえば、証明書エラーが発生した場合はエラーが報告されます。

    の手順を参照してください クラウドストレージプールのトラブルシューティングをクリックし、問題 を解決してから、クラウドストレージプールの保存を再度実行してください。