日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

例 1 :オブジェクトストレージの ILM ルールとポリシー

寄稿者

以下に記載するサンプルルールとポリシーをベースに、それぞれのオブジェクトの保護および保持要件を満たす ILM ポリシーを定義できます。

注意 以下の ILM ルールとポリシーは一例にすぎません。ILM ルールを設定する方法は多数あります。新しいポリシーをアクティブ化する前に、ドラフトポリシーをシミュレートして、コンテンツの損失を防ぐためにドラフトポリシーが想定どおりに機能することを確認してください。

例 1 の ILM ルール 1 : 2 つのデータセンターへのオブジェクトデータのコピー

この ILM ルールの例では、 2 つのデータセンター内のストレージプールにオブジェクトデータをコピーします。

ルール定義 値の例

ストレージプール

別々のデータセンターに 2 つのストレージプール、 Storage Pool DC1 および Storage Pool DC2

ルール名

2 つのコピーで 2 つのデータセンターを構成し

参照時間

取り込み時間

コンテンツ配置

0 日目にレプリケートされたコピーを 2 つ無期限に保存 — Storage Pool DC1 に 1 つ、 Storage Pool DC2 に 1 つ。

例 1 の ILM ルール 1 : 2 つのデータセンターへのオブジェクトデータのコピー

例 1 の ILM ルール 2 :イレイジャーコーディングプロファイルとバケットの照合

この ILM ルールの例では、イレイジャーコーディングプロファイルと S3 バケットを使用して、オブジェクトの格納先と格納期間を決定します。

ルール定義 値の例

イレイジャーコーディングプロファイル

  • 3 つのデータセンター( 3 つすべてのサイト)にまたがる 1 つのストレージプール

  • 6+3 イレイジャーコーディングスキームを使用

ルール名

S3 バケット finance-records の EC

参照時間

取り込み時間

コンテンツ配置

finance-records という名前の S3 バケット内のオブジェクトに対し、イレイジャーコーディングコピーをイレイジャーコーディングプロファイルで指定されたプールに 1 つ作成します。このコピーを無期限に保持します。

例 1 の ILM ルール 2 :イレイジャーコーディングプロファイルとバケットの照合

例 1 の ILM ポリシー

StorageGRID システムでは、高度で複雑な ILM ポリシーを設計できますが、実際には、ほとんどの ILM ポリシーはシンプルです。

マルチサイトトポロジの一般的な ILM ポリシーには、次のような ILM ルールが含まれています。

  • 取り込み時に、 6+3 イレイジャーコーディングを使用して、「 finance-records 」という名前の S3 バケットに属するすべてのオブジェクトを 3 つのデータセンターに格納します。

  • オブジェクトが最初の ILM ルールに一致しない場合は、ポリシーのデフォルトの ILM ルールである 2 つのデータセンターを使用して、 DC1 と DC2 の 2 つのデータセンターにそのオブジェクトのコピーを格納します。

    例 1 の ILM ポリシー