日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

例 2 : EC オブジェクトサイズのフィルタリング用の ILM ルールとポリシー

以下に記載するサンプルルールとポリシーをベースに、オブジェクトサイズでフィルタリングして EC の推奨要件を満たす ILM ポリシーを定義できます。

注意 以下の ILM ルールとポリシーは一例にすぎません。ILM ルールを設定する方法は多数あります。新しいポリシーをアクティブ化する前に、ドラフトポリシーをシミュレートして、コンテンツの損失を防ぐためにドラフトポリシーが想定どおりに機能することを確認してください。

例 2 の ILM ルール 1 : 1MB を超えるオブジェクトに EC を使用します

この ILM ルールの例では、 1MB を超えるオブジェクトをイレイジャーコーディングします。

重要 イレイジャーコーディングは 1MB を超えるオブジェクトに適しています。200KB 未満のオブジェクトにはイレイジャーコーディングを使用しないでください。イレイジャーコーディングされた非常に小さなフラグメントを管理するオーバーヘッドは発生しません。
ルール定義 値の例

ルール名

EC のみのオブジェクト > 1MB

参照時間

取り込み時間

オブジェクトサイズの高度なフィルタリング

オブジェクトサイズ( MB )が 1 より大きい

コンテンツ配置

3 つのサイトを使用して 2+1 のイレイジャーコーディングコピーを作成

例 2 の ILM ルール 1 : 1MB を超えるすべてのオブジェクトに EC を使用します

例 2 の ILM ルール 2 :レプリケートされたコピーを 2 つ

この ILM ルールの例では、レプリケートコピーを 2 つ作成し、オブジェクトサイズではフィルタリングしません。このルールはポリシーのデフォルトルールです。最初のルールでは 1MB を超えるすべてのオブジェクトがフィルタリングされるため、このルールで使用できるのは 1MB 以下の環境 オブジェクトのみです。

ルール定義 値の例

ルール名

2 つのレプリケートコピー

参照時間

取り込み時間

オブジェクトサイズの高度なフィルタリング

なし

コンテンツ配置

レプリケートコピーを 2 つ作成して、 DC1 と DC2 の 2 つのデータセンターに保存します

例 2 の ILM ポリシー: 1MB を超えるオブジェクトに EC を使用します

この例の ILM ポリシーには 2 つの ILM ルールが含まれています。

  • 最初のルールでは、 1MB を超えるすべてのオブジェクトをイレイジャーコーディングします。

  • 2 つ目の(デフォルトの) ILM ルールによって、レプリケートコピーが 2 つ作成されます。1MB を超えるオブジェクトはルール 1 でフィルタリングされているため、ルール 2 では 1MB 以下の環境 オブジェクトのみが除外されます。

    例 2 の ILM ポリシー: 1MB を超えるオブジェクトに EC を使用します