日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

クラウドストレージプールを削除

寄稿者

ILM ルールで使用されておらず、オブジェクトデータが含まれていないクラウドストレージプールを削除できます。

必要なもの
  • を使用して Grid Manager にサインインします サポートされている Web ブラウザ

  • 特定のアクセス権限が必要です。

  • S3 バケットまたは Azure コンテナにオブジェクトが含まれていないことを確認します。クラウドストレージプールにオブジェクトが含まれている場合、そのストレージプールを削除しようとするとエラーが発生します。を参照してください クラウドストレージプールのトラブルシューティング

    注記 クラウドストレージプールを作成すると、 StorageGRID はバケットまたはコンテナにマーカーファイルを書き込み、クラウドストレージプールとして識別します。このファイルは削除しないでください。削除するファイルの名前は「 x-ntap-sgws -ccloud-pool-uuid 」です。
  • プールを使用している可能性のある ILM ルールを削除しておきます。

手順
  1. ILM * > * Storage pools * を選択します

    Storage Pools (ストレージプール)ページが表示されます。

  2. ILM ルールで現在使用されていないクラウドストレージプールのラジオボタンを選択します。

    ILM ルールで使用されているクラウドストレージプールは削除できません。「 * 削除」ボタンは無効になっています。

    ILM ルールで使用されているクラウドストレージプール
  3. 「 * 削除」を選択します。

    確認の警告が表示されます。

    クラウドストレージプールの削除
  4. 「 * OK 」を選択します。

    クラウドストレージプールが削除されます。