日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

新しい Linux ホストを導入する

寄稿者

いくつかの例外を除き、最初のインストールプロセス時と同じ方法で新しいホストを準備します。

新規または再インストールされた物理 / 仮想 Linux ホストを導入するには、お使いの Linux オペレーティングシステム用の StorageGRID のインストール手順に記載されているホストの準備について、手順 で説明しています。

この手順 には、次のタスクが含まれています。

  1. Linux をインストールします。

  2. ホストネットワークを設定する。

  3. ホストストレージを設定する。

  4. コンテナエンジンを取り付ける。

  5. StorageGRID ホストサービスをインストールする。

    重要 インストール手順の「 Install StorageGRID host service 」タスクを完了した後で停止します。「グリッドノードの配置」タスクは開始しないでください。

これらの手順を実行する際は、次の重要なガイドラインに注意してください。

  • 元のホストと同じホストインターフェイス名を使用してください。

  • 共有ストレージを使用して StorageGRID ノードをサポートする場合や、障害ノードから一部またはすべてのディスクドライブ / SSD を交換ノードに移動した場合は、元のホストと同じストレージマッピングを再確立する必要があります。たとえば、インストール手順で推奨されているように「 /etc/multipath.conf 」の WWID とエイリアスを使用した場合、交換ホストの「 /etc/multipath.conf 」の同じエイリアス / WWID のペアを使用してください。

  • StorageGRID ノードがNetApp ONTAP システムから割り当てられたストレージを使用している場合は、ボリュームでFabricPool 階層化ポリシーが有効になっていないことを確認してください。StorageGRID ノードで使用するボリュームで FabricPool による階層化を無効にすることで、トラブルシューティングとストレージの処理がシンプルになります。

    重要 StorageGRID を使用して StorageGRID に関連するデータを FabricPool 自体に階層化しないでください。StorageGRID データを StorageGRID に階層化すると、トラブルシューティングと運用がより複雑になります。