日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

リカバリパッケージをダウンロード

寄稿者

リカバリパッケージファイルを使用すると、障害発生時に StorageGRID システムをリストアできます。

必要なもの
  • を使用して Grid Manager にサインインする必要があります サポートされている Web ブラウザ

  • プロビジョニングパスフレーズが必要です。

  • 特定のアクセス権限が必要です。

StorageGRID システムでグリッドトポロジの変更を行う前、またはソフトウェアをアップグレードする前に、現在のリカバリパッケージファイルをダウンロードしてください。グリッドトポロジを変更するかソフトウェアをアップグレードしたあとに、リカバリパッケージの新しいコピーをダウンロードします。

手順
  1. [* maintenance * (メンテナンス) ] > [* System * (システム * ) ] > [* Recovery packツケ (リカバリパッケージ * )

  2. プロビジョニングパスフレーズを入力し、 * ダウンロードの開始 * を選択します。

    ダウンロードがすぐに開始されます。

  3. ダウンロードが完了したら、次の手順を実行

    1. 「 .zip 」ファイルを開きます。

    2. これには 'gpt-backup ディレクトリと内部の .zip ファイルが含まれていることを確認します

    3. 内部の「 .zip 」ファイルを解凍します。

    4. 「 passwords.txt 」ファイルを開くことができることを確認します。

  4. ダウンロードしたリカバリ・パッケージ・ファイル( .zip )を ' 安全で安全な 2 つの場所にコピーします

    重要 リカバリパッケージファイルには StorageGRID システムからデータを取得するための暗号キーとパスワードが含まれているため、安全に保管する必要があります。