日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

StorageGRID アプライアンスの設置を監視する

寄稿者

StorageGRID アプライアンスインストーラでは、インストールが完了するまでステータスが提供されます。ソフトウェアのインストールが完了すると、アプライアンスがリブートされます。

  1. インストールの進行状況を監視するには、メニューバーの * インストールの監視 * をクリックします。

    Monitor Installation ページにインストールの進行状況が表示されます。

    この図には説明が付随しています。

    青色のステータスバーは、現在進行中のタスクを示します。緑のステータスバーは、正常に完了したタスクを示します。

    注記 インストーラは、以前のインストールで完了したタスクが再実行されないようにします。インストールを再実行している場合 ' 再実行する必要のないタスクは ' 緑色のステータスバーとステータスが [ スキップ済み ] と表示されます
  2. インストールの最初の 2 つのステージの進行状況を確認します。

    • * 1 。ストレージの構成 *

      インストーラがストレージコントローラに接続し、既存の設定があれば消去し、 SANtricity ソフトウェアと通信してボリュームを設定し、ホストを設定します。

    • ※ 2OS * をインストールします

      インストーラが StorageGRID のベースとなるオペレーティングシステムイメージをアプライアンスにコピーします。

  3. インストールの進行状況の監視を続けて、組み込みのコンソールに「 Install StorageGRID * 」ステージが一時停止し、グリッドマネージャを使用して管理ノード上でこのノードを承認するように求めるメッセージが表示されるまで待ちます。

    この図には説明が付随しています。
  4. 手順 にアクセスしてアプライアンスストレージノードを設定します。