日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

ストレージノードの運用停止プロセスを一時停止および再開します

寄稿者

2 回目のメンテナンス手順 を実行する必要がある場合は、ストレージノードの運用停止手順 を特定の段階で一時停止できます。もう一方の手順 の運用停止が完了したら、運用停止手順を再開できます。

注記 * Pause * ボタンは、 ILM 評価またはイレイジャーコーディングデータの運用停止ステージに達したときにのみ有効になります。ただし、 ILM 評価(データ移行)はバックグラウンドで継続して実行されます。
必要なもの
手順
  1. [maintenance] > [ Tasks] > [* Decommission] * を選択します。

    Decommission ページが表示されます。

  2. [Decommission Nodes] を選択します。

    Decommission Nodes ページが表示されます。手順 の運用停止が次のいずれかの段階に達すると、 * 一時停止 * ボタンが有効になります。

    • ILM を評価中です

    • イレイジャーコーディングデータの運用停止

  3. 手順 を一時停止するには、 * 一時停止 * を選択します。

    現在のステージが一時停止され、 * Resume * (続行)ボタンが有効になります。

    ノード手順 の運用停止が一時停止され
  4. もう一方のメンテナンス手順 が終了したら、 [* Resume (続行) ] を選択して運用停止を続行します。