日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

障害ストレージボリュームをリカバリし、 Cassandra データベースを再構築します

寄稿者

障害が発生したストレージボリュームでストレージを再フォーマットして再マウントするスクリプトを実行し、システムが必要であると判断した場合にはストレージノードの Cassandra データベースを再構築する必要があります。

  • 「 passwords.txt 」ファイルが必要です。

  • サーバ上のシステムドライブに損傷がないことが必要です。

  • 障害の原因 を特定し、必要に応じて交換用ストレージハードウェアを入手しておく必要があります。

  • 交換用ストレージの合計サイズは、元のストレージと同じである必要があります。

  • ストレージノードの運用停止処理が進行中でないこと、またはノードの手順 の運用停止処理が一時停止されていることを確認しておきます( Grid Manager で、 * maintenance * > * Tasks * > * Decommission * を選択します)。

  • 拡張が進行中でないことを確認しておきます( Grid Manager で、 * maintenance * > * Tasks * > * Expansion * を選択します。)

  • これで完了です ストレージボリュームのリカバリに関する警告を確認

    1. 必要に応じて、前述の手順で特定してアンマウントした障害ストレージボリュームに関連付けられた、障害が発生した物理または仮想ストレージを交換します。

      ストレージを交換したら、オペレーティングシステムによって認識されるようにストレージを再スキャンまたはリブートします。ただし、ボリュームは再マウントしないでください。ストレージは後の手順で再マウントされ '/etc/fstab に追加されます

    2. 障害が発生したストレージノードにログインします。

      1. 次のコマンドを入力します。 ssh admin@_grid_node_name

      2. 「 passwords.txt 」ファイルに記載されたパスワードを入力します。

      3. root に切り替えるには、次のコマンドを入力します

      4. 「 passwords.txt 」ファイルに記載されたパスワードを入力します。

        root としてログインすると、プロンプトは「 $` 」から「 #」 に変わります。

    3. テキスト・エディタ (vi または vim) を使用して '/etc/fstab ファイルから障害ボリュームを削除し ' ファイルを保存します

      注記 /etc/fstab ファイルで失敗したボリュームをコメントアウトするだけでは不十分ですリカバリ・プロセスでは 'fstab' ファイル内のすべての行がマウントされたファイル・システムと一致しているかどうかが検証されるため ' ボリュームは 'fstab' から削除する必要があります
    4. 障害ストレージボリュームを再フォーマットし、必要に応じて Cassandra データベースを再構築します。「 reformat_storage_block_devices.rb 」と入力します

      • ストレージサービスが実行されている場合は、それらを停止するように求められます。「 * y * 」と入力します

      • 必要に応じて Cassandra データベースを再構築するよう求められます。

        • 警告を確認します。いずれの状況も該当しない場合は、 Cassandra データベースを再構築します。「 * y * 」と入力します

        • 複数のストレージノードがオフラインの場合、または別のストレージノードが 15 日以内に再構築されている場合は、「 * n * 」と入力します

          スクリプトは Cassandra を再構築せずに終了します。テクニカルサポートにお問い合わせください。

      • ストレージノード上の各 rangedb ドライブについて、「 rangedb drive_<name> _ ( device_<major number>:<minor number>_ )の再フォーマット」を尋ねられたときに、そのドライブについて説明します。[y/n]?' 次のいずれかの応答を入力します

        • * y * :エラーが発生したドライブを再フォーマットします。ストレージ・ボリュームが再フォーマットされ ' 再フォーマットされたストレージ・ボリュームが /etc/fstab ファイルに追加されます

        • *n * ドライブにエラーがなく、ドライブを再フォーマットしない場合。

          注記 *n * を選択すると、スクリプトが終了します。ドライブをマウントするか(ドライブ上のデータを保持する必要があり、ドライブが誤ってアンマウントされた場合)、ドライブを取り外します。次に 'reformat_storage_block_devices.rb コマンドを再度実行します
        注記 一部の StorageGRID リカバリ手順では、 Reaper を使用して Cassandra の修復を処理します。関連サービスまたは必要なサービスが開始されるとすぐに修理が自動的に行われます。スクリプトの出力には、「 reaper 」または「 Cassandra repair 」が含まれていることがあります。 修復が失敗したことを示すエラーメッセージが表示された場合は、エラーメッセージに示されたコマンドを実行します。

      次の出力例では、ドライブ「 /dev/sdf 」を再フォーマットする必要があり、 Cassandra を再構築する必要はありませんでした。

    root@DC1-S1:~ # reformat_storage_block_devices.rb
    Storage services must be stopped before running this script.
    Stop storage services [y/N]? **y**
    Shutting down storage services.
    Storage services stopped.
    Formatting devices that are not in use...
    Skipping in use device /dev/sdc
    Skipping in use device /dev/sdd
    Skipping in use device /dev/sde
    Reformat the rangedb drive /dev/sdf (device 8:64)? [Y/n]? **y**
    Successfully formatted /dev/sdf with UUID c817f87f-f989-4a21-8f03-b6f42180063f
    Skipping in use device /dev/sdg
    All devices processed
    Running: /usr/local/ldr/setup_rangedb.sh 12075630
    Cassandra does not need rebuilding.
    Starting services.
    
    Reformatting done.  Now do manual steps to
    restore copies of data.