日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

ストレージノードを 15 日以上停止した状態にリカバリします

寄稿者

単一のストレージノードがオフラインになって他のストレージノードに接続されなくなってから 15 日以上が経過した場合は、そのノードで Cassandra を再構築する必要があります。

必要なもの
  • ストレージノードの運用停止処理が進行中でないこと、またはノードの手順 の運用停止処理が一時停止されていることを確認しておきます( Grid Manager で、 * maintenance * > * Tasks * > * Decommission * を選択します)。

  • 拡張が進行中でないことを確認しておきます( Grid Manager で、 * maintenance * > * Tasks * > * Expansion * を選択します。)

ストレージノードには、オブジェクトメタデータを含む Cassandra データベースがあります。他のストレージノードと 15 日以上通信できていないストレージノードの Cassandra データベースは、 StorageGRID によって古いとみなされます。他のストレージノードからの情報を使用して Cassandra が再構築されるまで、そのストレージノードはグリッドに再参加できません。

この手順 は、 1 つのストレージノードが停止している場合にのみ Cassandra を再構築するために使用します。追加のストレージノードがオフラインの場合や、 15 日以内に別のストレージノードで Cassandra が再構築されている場合は、テクニカルサポートにお問い合わせください。たとえば、障害ストレージボリュームのリカバリ手順または障害ストレージノードのリカバリ手順の一環として Cassandra が再構築されている可能性があります。

注意 複数のストレージノードで障害が発生した場合(またはオフラインの場合)は、テクニカルサポートにお問い合わせください。次のリカバリ手順 は実行しないでください。データが失われる可能性があります。
注意 ストレージノードの障害またはリカバリ後 15 日以内に 2 つ目のストレージノードの障害が発生した場合は、テクニカルサポートにお問い合わせください。次のリカバリ手順 は実行しないでください。データが失われる可能性があります。
注記 サイトの複数のストレージノードで障害が発生した場合は、サイトリカバリ手順 が必要になる可能性があります。テクニカルサポートにお問い合わせください。
手順
  1. 必要に応じて、リカバリが必要なストレージノードの電源をオンにします。

  2. グリッドノードにログインします。

    1. 次のコマンドを入力します。 ssh admin@_grid_node_name

    2. 「 passwords.txt 」ファイルに記載されたパスワードを入力します。

    3. root に切り替えるには、次のコマンドを入力します

    4. 「 passwords.txt 」ファイルに記載されたパスワードを入力します。

    root としてログインすると、プロンプトは「 $` 」から「 #. + 」に変わります

注記 グリッドノードにログインできない場合は、システムディスクが破損している可能性があります。の手順 にアクセスします システムドライブ障害からのリカバリ
  1. ストレージノードで次のチェックを実行します。

    1. 問題 : nodetool status

      出力は「 Connection refused 」となります

    2. Grid Manager で、 * support * > * Tools * > * Grid topology * を選択します。

    3. [Site>] > [* Storage Node] * > [* SSM*] > [* Services] を選択します。Cassandra サービスに「 Not Running 」と表示されることを確認します。

    4. Storage Node * > * SSM * > * Resources * を選択します。ボリュームセクションにエラーステータスがないことを確認します。

    5. 問題 : 'grep -i cassandra/var/local/log/servermanagers.log

      出力に次のメッセージが表示されます。

    Cassandra not started because it has been offline for more than 15 day grace period - rebuild Cassandra
  2. 問題 このコマンドを実行し、スクリプトの出力を監視します。「 check-cassandra-rebuild 」

    • ストレージサービスが実行されている場合は、それらを停止するように求められます。「 * y * 」と入力します

    • スクリプト内の警告を確認します。いずれの状況も該当しない場合は、 Cassandra の再構築を確定します。「 * y * 」と入力します

      注記 一部の StorageGRID リカバリ手順では、 Reaper を使用して Cassandra の修復を処理します。関連サービスまたは必要なサービスが開始されるとすぐに修理が自動的に行われます。スクリプトの出力には、「 reaper 」または「 Cassandra repair 」が含まれていることがあります。 修復が失敗したことを示すエラーメッセージが表示された場合は、エラーメッセージに示されたコマンドを実行します。
  3. リビルドが完了したら、次のチェックを実行します。

    1. Grid Manager で、 * support * > * Tools * > * Grid topology * を選択します。

    2. [Site>] > [* リカバリ済みストレージノード ] > [ SSM*] > [* サービス *] を選択します。

    3. すべてのサービスが実行されていることを確認します。

    4. DDS * > * Data Store * を選択します。

    5. * データ・ストアのステータス * が「アップ」であり、 * データ・ストアの状態 * が「通常」であることを確認します。