日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

ベアメタルホストでのポートの再マッピングを削除します

寄稿者

ロードバランササービスのエンドポイントを設定する場合、ポートの再マッピングのマッピング先ポートとしてすでに設定されているポートを使用するには、まず既存のポートの再マッピングを削除する必要があります。そうしないと、エンドポイントが有効になりません。ベアメタルホストで StorageGRID を実行している場合は、ポートの再マッピングを削除する一般的な手順 ではなく、この手順 に従ってください。ノードのすべてのポートの再マッピングを削除してノードを再起動するには、再マッピングされたポートが競合している各管理ノードおよびゲートウェイノードのノード構成ファイルを編集する必要があります。

注意
このタスクについて
この手順 は、ポートの再マッピングをすべて削除します。一部の再マッピングを保持する必要がある場合は、テクニカルサポートにお問い合わせください。

ロードバランサエンドポイントの設定については、 StorageGRID の管理手順を参照してください。

重要 この手順 では、ノードの再起動時にサービスが一時的に失われる可能性があります。
手順
  1. ノードをサポートしているホストにログインします。root として、または sudo 権限を持つアカウントでログインします。

  2. 次のコマンドを実行して、ノードを一時的に無効にします: sudo StorageGRID node stop_node-name_

  3. vim や pico などのテキストエディタを使用して、ノードのノード構成ファイルを編集します。

    ノード構成ファイルは '/etc/storagegrid/nodes/ _node-name _.conf にあります

  4. ノード構成ファイルで、ポートの再マッピングが含まれているセクションを探します。

    次の例の最後の 2 行を参照してください。

    ADMIN_NETWORK_CONFIG = STATIC
    ADMIN_NETWORK_ESL = 10.0.0.0/8, 172.19.0.0/16, 172.21.0.0/16
    ADMIN_NETWORK_GATEWAY = 10.224.0.1
    ADMIN_NETWORK_IP = 10.224.5.140
    ADMIN_NETWORK_MASK = 255.255.248.0
    ADMIN_NETWORK_MTU = 1400
    ADMIN_NETWORK_TARGET = eth1
    ADMIN_NETWORK_TARGET_TYPE = Interface
    BLOCK_DEVICE_VAR_LOCAL = /dev/sda2
    CLIENT_NETWORK_CONFIG = STATIC
    CLIENT_NETWORK_GATEWAY = 47.47.0.1
    CLIENT_NETWORK_IP = 47.47.5.140
    CLIENT_NETWORK_MASK = 255.255.248.0
    CLIENT_NETWORK_MTU = 1400
    CLIENT_NETWORK_TARGET = eth2
    CLIENT_NETWORK_TARGET_TYPE = Interface
    GRID_NETWORK_CONFIG = STATIC
    GRID_NETWORK_GATEWAY = 192.168.0.1
    GRID_NETWORK_IP = 192.168.5.140
    GRID_NETWORK_MASK = 255.255.248.0
    GRID_NETWORK_MTU = 1400
    GRID_NETWORK_TARGET = eth0
    GRID_NETWORK_TARGET_TYPE = Interface
    NODE_TYPE = VM_API_Gateway
    PORT_REMAP = client/tcp/8082/443
    PORT_REMAP_INBOUND = client/tcp/8082/443
  5. PORT_REMAP エントリと PORT_REMAP_INBOUND エントリを編集して、ポートの再マッピングを削除します。

    PORT_REMAP =
    PORT_REMAP_INBOUND =
  6. 次のコマンドを実行して、ノードのノード構成ファイルに対する変更を検証します。「 sudo StorageGRID node validate_node-name_ 」

    エラーや警告がある場合は、次の手順に進む前に対処してください。

  7. ポートの再マッピングを使用せずにノードを再起動するには、次のコマンドを実行します。 sudo StorageGRID node start_node-name_

  8. 「 passwords.txt 」ファイルに記載されたパスワードを使用して、ノードに admin としてログインします。

  9. サービスが正しく開始されることを確認します。

    1. サーバ上のすべてのサービスのステータスの一覧を表示します : 「 sudo storagegrid-status 」

      ステータスは自動的に更新されます。

    2. すべてのサービスのステータスが「 Running 」または「 Verified 」になるまで待ちます。

    3. ステータス画面を終了します : Ctrl + C

  10. 再マッピングされたポートが競合している管理ノードおよびゲートウェイノードごとに上記の手順を繰り返します。