日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

プライマリ管理ノードをリカバリする際に管理ノードデータベースをリストアする

寄稿者

障害が発生したプライマリ管理ノードの属性、アラーム、およびアラートの履歴情報を維持したい場合は、管理ノードデータベースをリストアします。このデータベースをリストアできるのは、 StorageGRID システムに別の管理ノードがある場合のみです。

  • リカバリした管理ノードをインストールして実行する必要があります。

  • StorageGRID システムには管理ノードが少なくとも 2 つ必要です。

  • 「 passwords.txt 」ファイルが必要です。

  • プロビジョニングパスフレーズが必要です。

管理ノードで障害が発生すると、その管理ノードデータベースに格納されていた履歴情報が失われます。このデータベースには次の情報が含まれています。

  • アラートの履歴

  • アラームの履歴

  • ヒストリカル属性データ。 * サポート * > * ツール * > * グリッドトポロジ * ページで使用できるチャートおよびテキストレポートで使用されます。

管理ノードをリカバリする際に、ソフトウェアのインストールプロセスによって、リカバリしたノードに空の管理ノードデータベースが作成されます。ただし、新しいデータベースには、現在システムに含まれているサーバとサービス、またはあとで追加されたサーバの情報だけが含まれます。

プライマリ管理ノードをリストアした StorageGRID システムに別の管理ノードがある場合は、プライマリでない管理ノード( source Admin Nod )の管理ノードデータベースをリカバリしたプライマリ管理ノードにコピーすることで、履歴情報をリストアできます。システムにプライマリ管理ノードしかない場合は、管理ノードデータベースをリストアできません。

注記 管理ノードデータベースのコピーには数時間かかることがあります。ソース管理ノードでサービスが停止している間は、グリッドマネージャの一部の機能が使用できなくなります。
  1. ソース管理ノードにログインします。

    1. 次のコマンドを入力します。 ssh admin@_grid_node_name

    2. 「 passwords.txt 」ファイルに記載されたパスワードを入力します。

    3. root に切り替えるには、次のコマンドを入力します

    4. 「 passwords.txt 」ファイルに記載されたパスワードを入力します。

  2. ソース管理ノードから 'MI サービス 'service mi stop' を停止します

  3. ソース管理ノードから、 Management Application Program Interface ( mgmt-api )サービス「 service mgmt-api stop 」を停止します

  4. リカバリした管理ノードで次の手順を実行します。

    1. リカバリした管理ノードにログインします。

      1. 次のコマンドを入力します。 ssh admin@_grid_node_name

      2. 「 passwords.txt 」ファイルに記載されたパスワードを入力します。

      3. root に切り替えるには、次のコマンドを入力します

      4. 「 passwords.txt 」ファイルに記載されたパスワードを入力します。

    2. MI サービスを停止します : "service mi stop

    3. mgmt-api サービス「 service mgmt-api stop 」を停止します

    4. SSH エージェントに SSH 秘密鍵を追加します。「 ssh -add 」と入力します

    5. 「 passwords.txt 」ファイルに記載された SSH アクセスパスワードを入力します。

    6. ソース管理ノードからリカバリされた管理ノードにデータベースをコピーします :/usr/local/mi /bin/mi-clone-db.sh Source_Admin_Node_ip

    7. プロンプトが表示されたら、リカバリした管理ノードで MI データベースを上書きすることを確定します。

      データベースとその履歴データが、リカバリした管理ノードにコピーされます。コピー処理が完了すると、リカバリした管理ノードがスクリプトによって起動されます。

    8. 他のサーバにパスワードなしでアクセスする必要がなくなった場合は、 SSH エージェントから秘密鍵を削除します。「 ssh -add-D`` 」と入力します

  5. ソース管理ノード上のサービスを再起動します :service servermanager start